ヴィッセル神戸DF酒井高徳、新型コロナ陽性…Jリーグでは初の感染者に

写真拡大

ヴィッセル神戸は30日、公式サイトで「DF酒井高徳が新型コロナウイルスに感染していることが判明した」と発表した。

報告によれば、酒井高徳に症状が現れたのは3月25日。38℃の発熱と体調不良の訴えがあったとのこと。

その後練習を欠席の上病院を訪れたところ急性上気道炎と診断されたものの、28日に嗅覚を喪失したことからPCR検査を実施したそう。

そして30日にその結果が判明し、新型コロナウイルスの感染が確認されたとのことだ。

なお、現在のところはヴィッセル神戸の他の選手やスタッフに同じような症状を抱えているものはいないという。