image
東京都の東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は、感染症対策として効果的とされるテレワークをより多くの企業に体験してもらうための施策として、端末の無料貸与を行うと発表した。募集数は1000社。

新型コロナウイルス感染症の拡大のため、毎日会社に出勤して満員電車に乗車したり、人が多く集まる社内で業務するのは感染拡大のリスクを高めることとなる。

実際、コロナ対策として多くの企業ではテレワークを導入しているが、機器や環境などテレワークに踏み切れない企業も多く存在する。

そのようなテレワーク導入を検討している都内の中堅・中小企業等に対し、東京都は無料でテレワーク用の端末を1社当たり1台貸与(1か月)すると発表した。端末にはリモートデスクトップツールやWEB会議システムといったテレワーク用のツールがあらかじめインストールされている。

また、本事業では、環境確認や利用方法説明などもサポートしてもらえる。

なお、募集期間は4月1日(水曜日)から7月31日(金曜日)まで(予定)となっている。

発表資料
URL:https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/03/27/36.html
2020/03/30