創業50周年を迎えるケンタッキー・フライド・チキン(以下:KFC)では、「これからの50年もチキンで皆さまをワクワクさせるKFCでありたい」という想いを込めた、50周年記念ロゴを制作。今後、TVCMやパッケージなどで展開していくことを明らかにした。

KFCは、1970年3月の大阪万博で日本に上陸。アメリカ独立記念日と同日の1970年7月4日に創業し、同年11月には愛知県名古屋市に日本1号店(名西店)をオープン。その後も店舗数を伸ばし、現在では全国に約1,130店舗を展開する多くの顧客に親しまれるブランドへと成長した。

日本KFCでは、50周年という節目の年を迎え、商品やキャンペーン、活動を通じて、心からの感謝をお伝えするとともに、“誰にも真似できないおいしさ”を守り続けることをお約束し、今後もKFCらしいチャレンジに取り組んでいくとのこと。

50年前の日本にはなじみのなかった「フライドチキン」を国民的グルメにまで押し上げたKFCの今後の取り組みに注目したい。


大阪万博の実験店


日本1号店(名西店)

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社
URL:https://www.kfc.co.jp
2020/03/30