ボクシング、WBO世界スーパーミドル級王者のビリー・ジョー・ソーンダース(右、2011年5月21日撮影)。(c)IAN KINGTON / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ボクシング、WBO世界スーパーミドル級王者のビリー・ジョー・ソーンダース(Billy Joe Saunders、英国)は28日、新型コロナウイルスによって都市が封鎖されている間、家庭内でもめ事が起きた際の女性への攻撃方法を男性に助言している映像が流出した件で謝罪した。

 30歳のソーンダースはビデオの中で、「皆さんの奥さんが暴言を吐きながら向かってきた」場合の対処法についてアドバイスしている。

 サンドバッグを使用しながら、大きなダメージを与えたりとどめを刺したりする方法を説明したソーンダースは、「女性の気分を害した」なら謝罪すると述べた。

 ソーンダースはツイッター(Twitter)に「私はドメスティックバイオレンス(DV)を一切許容しない。もし男性が女性に手を出しているのを見かけたら、自らの手で痛めつける」と投稿した。

「女性の気分を害したなら謝罪する。神のご加護がありますように」

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ボクシングの前日計量で珍事、ソーンダースの息子が対戦相手に最初の一撃
ボクシング欧州予選で新型コロナ拡散? IOC側は開催擁護
東京五輪代表決定選手、自動的に2021年大会出場へ IOC方針