豊田スタジアムでの横浜FCとのトレーニングマッチへ向けアップする阿部。見事なミドルで決勝点を挙げた。写真:今井雄一朗

写真拡大

 指揮官も選手たちも、冷静だった。リーグ再開後には公式戦での対戦が待っているJ1の横浜FCを迎えての練習試合は、この時期としては“異例”のこと。ただでさえ実戦の機会が少ない現状だけに、その内容や結果にはことさらの注目が集まってしまうものだが、阿部浩之の決勝ゴールでの1-0の勝利と、無失点に抑え込んだ90分間の推移について、名古屋の面々の感想は実に淡々としたものだ。

「同じカテゴリーの相手ということで、どちらにとっても良い緊張感と良い集中力をもってできた試合だったと思う。すごく良いトレーニングマッチになった。サッカーというスポーツはどうしてもメンタルの面で試合に対して入っていけるかという部分が重要で、その点では実戦がないとなかなか選手たちにしてもスイッチを入れていくのが難しくなってくる。公式戦だからこそ入れていくべきスイッチというものもあるので、そういう部分はこうした練習試合で求めていくのも少し違う。だからこそトレーニングとして向上しなければならない部分にアプローチして、そこから収穫を得ていくということがこの期間ではできると思っている」(マッシモ・フィッカデンティ監督)

 チームを束ねる現場責任者として、フィッカデンティ監督は明確な目標のない難しさを抱える選手たちを慮った。形式として豊田スタジアムでの無観客試合の様相を呈した練習試合の環境も、「やはりサポーターの声は非常に大事だなと思ったし、早くそういう環境でできるようになるのを楽しみにしている」(阿部)と選手たちには一抹の寂しさを感じさせるものだったようだ。
 キャプテンの丸山祐市もチームの習熟度を問われ、「今回はDAZNで試合を中継してもらえましたが、練習試合と公式戦ではやはり違う」と評価のしにくさを口にしている。収穫も課題もあったトレーニングマッチは、そういった現場の空気感を前提にした上で話すべきかもしれない。

 そういった前置きがあるものの、総じてこの日の名古屋の出来は良かった。特に守備面での連動感、攻守の切り替えの速さ、指揮官も認めた「ディフェンスラインを高くしたい、押し込みたい、どこに人数をかけたいという部分はできていた」という部分には確かな質があり、阿部の巧みなシュートによる先制点も、この要素が重なり合って生まれたものだった。

 阿部は「もっと良い守備ができればもっと良い攻撃ができる」と慢心を許さなかったが、ゼロトップとして得点に絡んだ前田直輝も「守備のスイッチが早めに前で入ることが多くて、ショートカウンターが良い形ではまっていた」と一定の手応えを感じている。吉田豊、米本拓司といった主力で守備のキーマンでもある選手たちを欠く中でそれが実現できたことは、収穫と呼んで差し支えないだろう。
 後半には名古屋がペースダウンした印象が強い試合だが、それも長引く中断期間によるコンディションの低下が影響しているところもあり、深刻な問題が生じての現象ではないというのが監督、選手に共通した見方だ。現状で言えば攻撃におけるSBの貢献度がやや曖昧なところがあり、横浜FC戦で果敢なオーバーラップとプレスバックで得点機を生んだ成瀬竣平についても、クロスの精度やビルドアップの際の後ろ向きなプレーに課題が残る。攻守の分厚さ、安定感を生むSBの使い方や起用法には、改善の余地がたっぷり残されている。

 改善点と言えば得点が阿部の一発のみで、二度の決定機を外した前田、途中出場でシュート0本に終わった山崎凌吾とゴール前の物足りなさにもある。前田は「ああいうところを決めないと上には行けない。もっと貪欲に向上心を持ってやりたい」と悔やんだが、それは彼だけの問題ではない。

 フィッカデンティ監督が「得たチャンスをより多くハッキリとした可能性のあるものにしていかなければならない」と指摘し、阿部も「もっとアグレッシブに行っていい場面もあると思うし、打たないと入らないのでもっともっと攻撃的にいけたら」と語るチーム全体の課題だ。守備陣は安定感を増し続けているだけに、攻撃陣の充実は勝利に直結する要素ともなってくる。
 それでも横浜FC戦で見せた名古屋のパフォーマンスに悪い印象は少なく、「より細かい部分の精度を上げていくという、次の作業にチームは進んでいくのではないか」と監督も好意的な見方をしている。5日間のオフを挟んで再開されるトレーニングには先日、鳥栖からレンタル移籍で加入した金崎夢生も合流するはずで、かの強烈な個性を迎え入れるにあたり、ベースとなる部分が“基準値”を突破したことは朗報に違いない。

取材・文●今井雄一朗(フリーライター)