2ゴールを挙げたFW後藤優介

写真拡大

[3.28 練習試合 清水3-2磐田 アイスタ]

 トレーニングマッチ1試合目(45分×2本)は清水エスパルスが3-2で逆転勝利をおさめた。今季、大分から完全移籍で加入したFW後藤優介が2ゴールの活躍。DAZNフラッシュインタビューに応じ、「中断期間にしっかり向上できるようにしていきたい」と意気込んだ。

 まずは0-1で迎えた後半20分だった。右サイド深い位置からDF奥井諒が鋭いクロスを入れると、ファーサイドのMF中村慶太が頭でシュート性のクロス。バウンドしたボールを後藤がダイビングヘッドで押し込んだ。後半35分に失点したが、後半41分にも後藤が再びヘディングシュートを突き刺し、2-2。終了間際にMF金子翔太が勝ち越しゴールを挙げ、清水が土壇場で逆転に成功した。

 2度の同点弾を挙げた後藤は「ボールに関わる回数はまだ少ないし、みんなが見てくれることでゴールできている。自分もそれを信じながら走り込んでるのはいいと思うけど、もっとチームを助けられる動きを増やしていきたい」と向上を見据えた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響によりJリーグは再延期が決まり、J1は5月9日の再開予定。「苦しい時期ですが体に気をつけていただいて、皆さんで戦っていきましょう」とサポーターに呼び掛けた。