なでしこジャパンはトップ10から外れる

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は27日、女子のFIFAランキングを発表した。なでしこジャパン(日本女子代表)は前回発表から1つ順位を下げ、11位となっている。

 なでしこは今月6日からアメリカで開催されたシービリーブスカップに参戦するも、スペイン(1-3)、イングランド(0-1)、アメリカ(1-3)に敗れて3連敗。今回のFIFAランキングでは北朝鮮と入れ替わる形で、トップ10から外れた。

 そのほか、首位アメリカ、2位ドイツの上位2か国の順位は変わらず、フランスが3位に浮上。オランダは4位に後退した。また、韓国が2つ順位を上げて18位に入っている。今回発表されたFIFAランキングトップ20は以下の通り。

1位:アメリカ

2位:ドイツ

3位:フランス

4位:オランダ

5位:スウェーデン

6位:イングランド

7位:オーストラリア

8位:ブラジル

8位:カナダ

10位:北朝鮮

11位:日本

12位:ノルウェー

13位:スペイン

14位:イタリア

15位:中国

16位:デンマーク

17位:ベルギー

18位:韓国

19位:アイスランド

20位:スイス