ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 新型コロナウイルスの感染が世界的な広がりを見せるなか、今週は東京五輪の延期が発表されるなど、世界中のあらゆるところで大きな影響が出ています。

 そうした状況にあって、JRAも無観客での開催を実施。その期間もまもなく1カ月が経過しようとしていますが、他のスポーツや世界の現状を鑑みれば、無事に開催を続けられているだけでも、恵まれているように思います。

 そして、春のGIシリーズが本格的にスタート。その幕開けを告げるのは、GI高松宮記念(3月29日/中京・芝1200m)です。世の中の重い空気を少しでも吹き飛ばすような、熾烈かつ白熱の”電撃戦”が見られることを期待したいです。

 さて、新型コロナウイルスの問題にわざわざ触れたのは、今年の高松宮記念は、同ウイルスの感染拡大の影響を大きく受けているからです。なにしろ、高松宮記念は例年、ドバイワールドカップデーと日程が重なることが多かったのですが、なんと今年はそのドバイワールドカップデーが中止。これによって、さまざまな問題が発生したり、いろいろな物事が突然変わったりしたのです。

 まず、高松宮記念の前年覇者であるミスターメロディや、昨秋のGIII京阪杯(京都・芝1200m)で重賞初制覇を遂げたライトオンキューは、ドバイのスプリント戦に出走するため、今回の高松宮記念をパスしたのですが、レースを使うことなく、そのまま現地で足止め、という憂き目にあってしまいました。

 また、すでにドバイ入りしていたクリストフ・ルメール騎手と古川吉洋騎手も、日本には帰国したものの、経過観察のため、14日間の自宅待機に。騎乗できるまでには、もうしばらく時間がかかりそうです。

 一方で、本来であれば、今週はドバイに遠征して不在の予定だった武豊騎手、福永祐一騎手、川田将雅騎手らは、渡航することなく、急きょ高松宮記念での騎乗が決定。アイラブテーラー(牝4歳)に武豊騎手、ダノンスマッシュ(牡5歳)には川田騎手が騎乗し、”元の鞘に収まる”形となりました。

 ともにチャンスホースだっただけに、代打騎乗の予定だった和田竜二騎手や三浦皇成騎手にとっては気の毒な話ですが、乗り慣れている鞍上のほうがいい、というのは確かだと思います。

 あと、もともとライル・ヒューイットソン騎手が騎乗予定だった、昨秋のGIスプリンターズS(中山・芝1200m)の優勝馬タワーオブロンドン(牡5歳)に、福永騎手が騎乗することになりました。これには、ちょっと驚かされました。

 昨年のミスターメロディ、2016年のビッグアーサーと、近年、高松宮記念を2度も制している福永騎手。中京競馬場での信頼度も確かにピカイチですが、1、2を争う人気馬で、デビューから一貫して外国人騎手が騎乗してきましたからね、急なこの変更がどう出るか……。

 何はともあれ、レース当週になって、これほどいろんな動きがあったGIは、過去にもあまり例がないのではないでしょうか。これが、レース本番にどう影響するのか、その辺りも気になるところですね。

 レースにおいては、ここまでに名前が挙がったアイラブテーラー、ダノンスマッシュ、タワーオブロンドンは、どれも有力馬だと思います。とりわけ、昨秋のスプリンターズS、前哨戦のGIIIオーシャンS(3月7日/中山・芝1200m)で、激戦を繰り広げてきたダノンスマッシュとタワーオブロンドンの再戦は、注目ポイントと言えるでしょう。

 タワーオブロンドンは、オーシャンSで3着に敗れていますが、休み明けの馬体増で、斤量も1頭だけ重い58圈レースの立ち回りを見ても、明らかに叩き台といった雰囲気でした。巻き返す可能性は大いにあります。

 ヒューイットソン騎手から福永騎手への、急な鞍上の変更は、あくまでも”勝利のために最善を尽くした”ということだと思います。どちらがうまいとか、そういう話ではなく、初来日の若い外国人ジョッキーと福永騎手とでは、気持ちの面での余裕が違います。GIだと、そこは大きな要素になります。

 ダノンスマッシュについては、”GIになると勝てない”という点だけが懸念材料。斤量差があったとはいえ、前哨戦では昨秋と今春と、タワーオブロンドンに2度勝っています。オーシャンSでの楽な勝ちっぷりを見る限り、現役馬でトップクラスのスプリンターであることは間違いないでしょう。

 個人的にはもう1頭、勝ち負けを期待している有力候補がいます。初のスプリント戦に挑む、グランアレグリア(牝4歳)です。

 経験上、マイル戦や1400m戦と、スプリント戦というのは、1ハロン、2ハロンという単なる距離の違い以上に、レースの流れそのものが変わってきます。そのため、いくら強い馬でも、いきなりスプリント戦で結果を出すのは難しいものです。それこそ、タワーオブロンドンも、スプリント戦の流れに慣れるまで、何戦かを要しました。

 しかし、グランアレグリアの場合は、前走のGII阪神C(1着。12月21日/阪神・芝1400m)を見て、「これなら、スプリント戦でも一発で対応できるのではないか」という期待を持ちました。

 GI桜花賞(阪神・芝1600m)や阪神Cの勝ちっぷりどおり、ここまでは圧倒的なスピード能力の違いで結果を出してきた同馬。ツメの不調で立ち消えにはなりましたが、昨秋の始動戦にスプリンターズSを予定していたのも納得できます。

 さらに今回、中京コースが舞台であることも、プラスに働きそう。同じスプリント戦でも、初挑戦の舞台がトリッキーで、流れも難しくなる中山コースだったら、不安のほうが大きかったと思いますからね。

 しかし、オーソドックスな形態で広々とした中京コースなら、ゆったりと運ぶことができます。揉まれたり、流れに戸惑ったりして能力不発――となる可能性は、低くなるのではないでしょうか。

 グランアレグリアもルメール騎手のお手馬の1頭で、今回は池添謙一騎手の代打騎乗が決まっていました。そして、他の有力馬と違って、池添騎手がそのまま鞍上を務めます。1週前の追い切りにも、池添騎手が美浦トレセンまで来て騎乗。ここまでプランどおりに、順調にいっていることも、強みになるのではないでしょうか。

 まともに走れば、グランアレグリア、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュの3頭が、地力上位と考えています。もし一角崩しがあるとすれば、極端な展開になった時、それを味方にできる馬ではないでしょうか。

 そこで、今回の「ヒモ穴馬」には、前走のGIIIシルクロードS(2月2日/京都・芝1200m)での決め手に見どころがあった、アウィルアウェイ(牝4歳)を取り上げたいと思います。



展開次第で大駆けが期待できるアウィルアウェイ

 シルクロードSは、極端な追い込み決着になりましたが、そうした展開のなか、馬群の真ん中から鮮やかに突き抜けてきたのが、アウィルアウェイでした。近況の好調ぶりも含めて、この鋭い末脚があれば、流れひとつで、有力馬相手にも太刀打ちできるのではないか、という期待を持っています。

 3歳の夏までは気難しい面があったりして、「早熟ではないか」と囁かれることもあったようですが、休養を経て秋に復帰してからは、レースぶりが明らかに変わりました。

 中京コースでは、昨夏のGIII CBC賞(芝1200m)で8着に敗れていますが、当時とは明らかに馬が変わっています。同レースでは不良馬場の影響もあって、今回も週末の天気が気になるところですが、舞台への不安は一切ありません。

 今回、前走で騎乗した川田騎手や、昨秋にコンビを組んでいた北村友一騎手が乗れないことがわかっていたので、早々に松山弘平騎手との新コンビは発表されていました。松山騎手は今年、すでに重賞4勝と絶好調です。 能力の高い相手に立ち向かうなら、こういった人馬の勢いというのも大きなポイント。一発あっても、おかしくありません。