何とか4月中にJリーグはうまく再開してほしいものです!? の巻/倉井史也のJリーグ

写真拡大

5月再開目標!! それまで冬眠!! てか春眠!! いやいやJ3は4月25日にスタートする予定なんです。これはJ3を見なきゃいけない!! ところがずっとJ1ばっかり取り上げてきたコラムですから、J3どんなもんかもまず説明しなきゃ。

で、たぶんいろんな人がJ3ってこんな戦力で、とかいう分析を始めると読んで!! ひねくれ者のワタクシはお金の話に行ってみよう! データは公開されている中で一番新しいけど2018年の物だから、ちょっとチームの入れ替わりがありますよ、と。まずJ1からJ3ってどんな規模感のクラブが参加しているかというと……(単位は全て百万円、括弧の中は比率)。

平均営業収益

J1 4755(100.0)

J2 1541( 32.4)

J3  444(  9.3)

平均スポンサー収入

J1 2130(100.0)

J2  810( 38.0)

J3  241( 11.3)

平均入場料収入

J1  804(100.0)

J2  199( 24.8)

J3   29(  3.6)

平均チーム人件費

J1 2275(100.0)

J2  681( 29.9)

J3  165(  7.3)

どうです、この現実。J1からJ2だけでもこんなに格差があるのに、J3ともなるとJ1に比べると10分の1以下の収入の中でやってるわけです。じゃあ入場者数はどうかというと。

平均入場者数(人)

J1 19064(100.0)

J2  7049( 40.0)

J3  2491( 13.1)

と、他の数字に比べると下部リーグって大健闘してるじゃないですか。J1の7パーセントぐらいの人件費のJ3が入場者数だったら13パーセントもあるんですよ。これってステージがどのレベルだとか、そういうことで観客が見に来てるんじゃないって読める気がしません?

ちゅうことで、これまでJ1やJ2と被って試合がなかなか見に行けなかった人たちも、今回はちょっと応援に行ってみませんか。もしかしたら、ここからすっごいジャイアント・キリングを起こすクラブが出てくるかも!! なんか、そういう本を最近見たような……あ、そう言えば今週「GIANT KILLING」の54巻が発売されてたからだ!!【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。