97年生まれの選手を含む現状の予想メンバー。赤字は来年24歳を迎える選手たち。年齢制限の行方が気になるところだ。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 東京オリンピックの1年程度の延期が3月24日に発表された。これによって男子サッカーは、メンバー選考を大きく見直さなければならない可能性が生じている。3人のオーバーエイジを除き、「23歳以下」という年齢制限があるからだ。

 年齢を1歳引き上げて「24歳以下」とする特例が採用される可能性も残されているが、「23歳以下」の規定のままなら、1997年生まれの選手は出場できない。その場合、東京五輪代表メンバーはどう変わるだろうか。ポジションごとに考察する。

■GK■
 レギュラーを務める大迫敬介は99年生まれなので問題ないが、大迫不在時にゴールを守ってきた小島亨介、オビ・パウエル・オビンナはともに97年生まれ。「23歳以下」の規定のままでは出場できないことになってしまう。その場合、誰が大迫とポジションを争うのか。最有力候補は湘南ベルマーレの2000年生まれの谷晃生だろう。東京五輪代表チームでの出場機会は、18年11月のクウェート戦での後半45分間だけだが、これまで何度も招集されてきた。今季は心機一転、ガンバ大阪から期限付き移籍を果たした。新天地でチャンスを掴めれば、東京五輪への道が拓けてくる。

 さらにもうひとり、注目株がいる。浦和レッズの鈴木彩艶だ。19年U-17ワールドカップで日本の正GKを務めた17歳は今シーズン、浦和ユース所属ながらルヴァンカップ・ベガルタ仙台戦、湘南とのJ1開幕戦でベンチ入りを果たしたのだ。シュートストップ、キック、スロー、ハイボール処理と、どれを取ってもレベルが高い“ダイヤの原石”。浦和と同様、東京五輪代表に抜擢されてもおかしくない。
 

■DF■
 主な97年生まれは、チーム発足当初から主力を務め、A代表の一員でもある板倉滉と、大卒ルーキーだった昨年、FC東京でレギュラーの座を掴み、今年1月のU-23アジア選手権でキャプテンマークを巻いた渡辺剛。2人の守備リーダーを欠くことになればダメージは大きいが、幸いA代表の主軸である冨安健洋は98年生まれだから出場可能だ。

 19年U-20ワールドカップでセンターバックとしてコンビを組んだ2000年生まれの瀬古歩夢と小林友希が今季、セレッソ大阪、横浜FCでそれぞれスタメンの座を射止めたのも心強い。シーズンを通してコンスタントに出場できれば、東京五輪代表でレギュラーになっても不思議はない。また、彼らと同年代で、鹿島アントラーズの関川郁万も開幕戦にスタメンとして出場し、今後の成長が期待できる。さらに、センターバックが本職の橋岡大樹を3バックの一角に回す手も考えられる。
 
■MF■
 17年U-20ワールドカップ時からチームの中心だった中山雄太と三好康児、昨年に存在感を高めスーパーサブの座を確立し始めていた相馬勇紀が97年生まれ。とりわけキャプテンの中山は精神的支柱のため、代えの利かない存在だ。

 一方で、20歳前後の“新戦力”が台頭しているのも事実。その筆頭格が清水エスパルスの20歳、西村恭史だ。185センチの長身で、テンポ良くボールを散らしながら、機を見てゴール前に飛び出していくスケールの大きなボランチ。ピーター・クラモフスキー新監督によって見出され、ポテンシャルを証明した。

 サガン鳥栖の松岡大起は昨季からすでにチームの主力で、東京五輪代表においても3試合の出場歴がある。01年生まれだから、パリ五輪世代という点も見逃せない。名古屋グランパスで開幕スタメンに抜擢された成瀬竣平は小柄だが、アグレッシブな右サイドバック。むろん、ウイングバックでの起用も問題ない。また、昨季からすでに湘南ベルマーレの主力だった鈴木冬一は今季、杉岡大暉の移籍によって、より存在感が高まりそうだ。