Jリーグは27日、クラブ代表者による臨時実行委員会をウェブ上で開き、中断している今季の各リーグ戦の成立に必要な試合数の下限を、各リーグ75%と各クラブ50%にする方針を決めた。

 全日程消化を目指す考えで、新たな日程は4月8日をめどに確定させる。

 成立してもクラブ間で試合数に差が出る可能性があり、順位決定方式は協議を続ける。

 J1、J2に降格はなく、J2、J3からは上位2クラブが自動昇格してJ1参入プレーオフは行わない。J2、J3の上位2クラブがJ1、J2のクラブライセンスを取得できない場合、3位以下のクラブの繰り上げはしない。