3月21日(土)よる10時〜、AbemaTVオリジナル結婚リアリティーショー『いきなりマリッジ3』ハイスペ夫婦編の最終回が放送され、初対面で夫婦になったタケル(33歳/ヘアメイクアップアーティスト/年収約600万)とナツキ(29歳/フィットネスインストラクター/年収約800万)が新婚生活最終日を迎え、2人の未来に決断を下すことに。直前まで結婚に前向きな姿勢を見せていたタケルが出した答えは、まさかの「NO」だった。
 本番組は、面接やアンケート調査を基に選ばれた初対面の男女が新婚生活(同棲)を営み、30日間で本当の夫婦になるのか、別れを選択するのか、その一部始終に密着するリアリティーショー。スタジオでは陣内智則と紗栄子がMCを務める。

 新婚生活30日目の朝、新居のリビングで顔を合わせたタケルとナツキは、いつになく緊張の面持ちを浮かべていた。先に答えを告げることになったタケルは、初めに30日間の感謝を述べ、次に結婚式で出会った時の印象を回顧。「きれい、身長が高い、ポジティブ」という、タケルが求める条件をすべて満たしていたと言い、「本当に笑顔も素敵だった」と振り返った。

 そして、仕事柄多くの女性と接し、「女性のことはすごく尊敬している」というタケルだが、ナツキには「今までにない学び方をさせてもらった」とのこと。ナツキが仕事に注いでいる熱意やこだわりを知っていく中で、「憧れ的なものがどんどん強くなっていった」と語った。

 しかし、タケルが抱いた憧れは「女」としてのナツキを遠ざけてしまったようだ。「なっちゃんという素敵な女性としては見れているんだけど、女として見ることがずっとできなくて。出会えたことにはすごい感謝なんだけど、結婚という答えに関しては、なっちゃんと結婚はできないかなって思ってしまったんだよね」と結論付けた。

 「うん、うん」とうなずきながら、タケルの言葉に耳を傾けていたナツキ。「ありがとうございます。言ってくれて嬉しい」と、正直に気持ちを伝えてくれたタケルに感謝の意を示し、その結論を真摯に受け止めた。好印象でスタートした2人の新婚生活は、こうして30日目でピリオドを打つことに。結婚というハッピーエンドを迎えることはできなかった。