浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、上海市浦東新区にある臨時集中検査施設の検体採取エリア。(上海=新華社記者/丁汀)

 【新華社上海3月27日】中国上海市浦東新区にある臨時集中検査施設では、新型コロナウイルス感染の重点国から上海に到着した入国者に対する核酸検査が行われている。結果が陰性の場合、14日間の自宅隔離措置が取られ、陽性の場合、規定の流れに従って指定医療機関に運ばれて治療を受ける。

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、上海市浦東新区にある臨時集中検査施設の検体採取エリア。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、臨時集中検査施設に到着した入国者。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、核酸検査の検体採取エリアの外に並ぶ入国者。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、入国者の検体を採取するスタッフ。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、入国者の検体を採取するスタッフ。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、採取された検体。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、採取した検体を整理するスタッフ。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、入国者の情報を確認するスタッフ。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、入国者の情報を確認するスタッフ。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、入国者を臨時隔離室に案内するスタッフ。(上海=新華社記者/丁汀)

浦東新区の臨時集中検査施設 上海市

24日夜、臨時隔離室に入る入国者。(上海=新華社記者/丁汀)