うわー、小物だな…女子に呆れられる得意げな発言9パターン

写真拡大

いわゆる「できる男」を装ったために、墓穴を掘ってしまう男性は多いもの。一体どんな発言が女性陣の失笑を買っているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性429名に聞いたアンケートを参考に、「うわー、小物だな…女子に呆れられる得意げな発言」をご紹介します。

【1】出身地が同じというだけの有名人を「アイツは俺の弟分」
「友達なのかと思ったら、会ったことすらないなんて…」(10代女性)というように、同郷の有名人に親近感を抱くのはともかく、事実を誇張した説明は、むしろマイナスの印象を与えてしまいそうです。「わしら広島の男は熱血じゃけえ」などとその人をダシに自分もアピールするのが無難でしょう。

【2】過去の栄光を忘れられないの?「以前、大きなプロジェクトを成功させた!」
「いつまで引きずるんだろう…と思います」(20代女性)というように、昔の自慢話をすればするほど、今の自分への自信のなさが際立ってしまうこともあります。「これから取り組もうとしている大きな夢」を語ったほうが大きな人間に見えるのではないでしょうか。

【3】だから何?と突っ込みたくなる「忙しくて3日も寝てないんだ」
「そんなこと私に関係ないし!と突っ込みたくなります」(20代女性)というように、忙しい自分をアピールして、女性を興醒めさせたケースです。「寝不足で集中力に欠けるかも…ごめん!」などとさらっと語る程度なら、同情してもらえるでしょう。

【4】別に詳しく知りたくないし…「これでもモテるほうでさ」
「本当にモテる人は絶対に言わない!」(20代女性)というように、モテに関する自己申告も、女性に不信感を抱かせてしまうようです。カッコつけたくても、多くを語りすぎないほうがボロも出にくいでしょう。

【5】実際のところを確かめようもない「地元じゃ負け知らず」
「『○○中学を制覇した』とか言われても…よくわかんないし(笑)」(10代女性)というように、真偽が定かではない武勇伝ほど、聞く人を困らせるものはなさそうです。そもそも過去のヤンチャ話が女子ウケするとは限らないので、慎重に明かしたほうがいいかもしれません。

【6】人の話をかっさらうなよ!「いやいや、ラーメンならあそこでしょ」
「何でも『俺が、俺が』って口を挟む人がいると場の空気が一気に冷める!」(20代女性)というように、会話の流れを遮ってまで割り込む癖のある男性は、周囲に煙たがられているかもしれません。とっておきのネタであっても、開示するタイミングは見極めたほうがいいでしょう。

【7】もったいつけるわりに内容が薄い「まだ知られていない情報なんだけど…」
「『おまえだけに教える』とか、いちいちウザい!」(10代女性)というように、前置きが大げさな割にありふれた話題だと、女性をガッカリさせてしまうこともあります。それが耳寄りな情報かどうかは相手が決めることなので、恩着せがましい言い方はやめておきましょう。

【8】値段をひけらかすなんてみっともない!「これ、いくらだと思う?」
「確かにお金持ちなのかもしれないけど…微妙ですよね(笑)」(20代女性)というように、これ見よがしに高級品をアピールすることで、器の小ささを見透かされてしまうケースです。金額ではなく「思い入れ」や「モノにまつわるエピソード」を語るのであれば、耳を傾けてもらえるでしょう。

【9】あなたの努力の成果じゃないよね?「実家が金持ちでさ」
「本人は能無しと公言しているようなもの」(20代女性)というように、親の経済力を誇示したがる男性も、「恥ずかしい人」と評価されてしまうようです。自分自身の自慢話よりも危険なので、聞かれても言葉を濁したほうがいいでしょう。

「すごいね!」と褒められたい一心で言葉を重ねるだけでは、女心をつかむのは難しいようです。むしろ飾らない人柄を前面に押し出したほうが好感度は高いでしょう。(空知まり)

【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計429名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査