楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】

写真拡大

楽天松井裕は1回3四球5安打6失点の大乱調だった

 楽天の松井裕樹投手が27日、巨人との2軍練習試合に先発。開幕ローテーション入りへアピールしたいところだったが、初回6失点と炎上して降板した。チームは1-13と大敗した。

 松井裕は初回、湯浅大の中越え二塁打、吉川大と山下航の四球で招いた無死満塁から4番・北村に左前への先制2点打を献上。続く石川には左中間へ3ランを浴びた。球審のストライクゾーンに苦しみ、5者連続出塁で1死も取れずに5失点した。2死後、山本の左前打と二盗で再びピンチを招き、松原に左翼線適時二塁打を許した。初回だけで打者11人53球、3四球5安打6失点。2回から左腕・佐藤智が2番手として救援した。

 阿部慎之助2軍監督が率いる巨人は2回までに8得点。6回には5点を奪って大勝した。(Full-Count編集部)