毎週注目の新馬をピックアップしている当コラムだが、先週で2017年産の新馬戦は終了し、2018年産の新馬戦が始まるまでのしばしの間、当該週に出走予定の注目馬をピックアップしていく。

【今週の注目馬】

☆ローズオブシャロン

 2020年3月28日(土)中山第3R3歳未勝利(ダート1200m)に出走予定のローズオブシャロン。前走はスタートでやや出遅れた上、道中は少し行きたがる面を見せたこともあり、残り100mあたりで逃げ馬と脚色が同じになってしまい5着。それでも二の脚が速く、先行力のあるところを見せており力は見せた。今回はデビュー戦で2着となった条件と同じ中山の1200m戦で、鞍上は減量がある藤田菜七子騎手で斤量は52圓函460圓曚匹遼槐呂砲箸辰討和腓なプラス。ここは勝ち負け。

☆エイシンバイエルン

 2020年3月28日(土)阪神第9R君子蘭賞(芝1800m)に出走予定のエイシンバイエルン。低評価を覆して勝ったデビュー戦だが、内容はかなり粗削り。スタートはやや出遅れ、4コーナーでは少し外へ膨れる面を見せ、直線に入ると逃げたスマートクラージュが外へ大きくよれたため、本馬もあおりを食らう不利。その後も再度スマートクラージュが外へよれてきそうな素振りがあったため、馬が反応し外へ逃げるような動きを見せた。これだけスムーズとは言えない内容だったのにも関わらず、勝ち切るのだからポテンシャルの高さは疑いようがない。骨っぽいメンバーが揃ったが、その分配当妙味があり狙いたい。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。