長崎県で1時間に50mmの雨、九州北部は昼過ぎまで激しい雨に警戒

2020/03/27 11:30 ウェザーニュース

日本海を進む低気圧から伸びる寒冷前線が西日本を通過していて、今日27日(金)は九州北部に雨雲がかかっています。前線に向かって湿った空気が流れ込む影響で活動が活発になり、局地的に雨雲が発達、激しい雨を降らせていて、長崎県の佐世保では9時30分前までの1時間に49.5mmの激しい雨が降りました。長崎県内では各地で1時間に40mm前後の激しい雨を観測していて、3月としては記録的な大雨になっています。

激しい雨のエリアは近畿や東海へ

前線に沿って線状降水帯が形成されるおそれがあり、線状降水帯が形成されるとさらに雨脚が強まるおそれがあります。前線の南下に伴い、降水帯が移動するため激しい雨は短時間と見られますが、九州北部や中国地方では昼過ぎにかけて道路冠水などにご注意ください。このあと激しい雨のエリアは昼過ぎには九州南部や四国に移り、夕方以降は近畿や東海でも、雷を伴って1時間に50mm前後の激しい雨の降る所があります。道路冠水が発生してもおかしくない強さで、中小河川の急な増水にも注意が必要です。