3月25日、インドネシアのスラバヤの政府庁舎で開かれた結婚式の様子。こちらの式は強制解散させられることはなかったが、新郎新婦、ごくわずかな招待客もみなマスク姿だった(写真:AP/アフロ)


(PanAsiaNews:大塚智彦)

 インドネシアのジョコ・ウィドド大統領の母、スジアトミ・ノトミハルジョさん(享年77歳)が25日午後5時前、中部ジャワ州ソロの病院で死亡した。数年前からガンを患って療養中だった。

 26日には、イスラム教の教義に従い、現地ソロにある母の自宅と近くのイスラム教墓地で一連の葬儀などが営まれ、ジョコ・ウィドド大統領とその家族、親族をはじめ近隣の市民など大勢の人々が参列した。そして参列者の顔ぶれの中には、何人もの政府閣僚や地方自治体の知事などVIPの顔があった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「ジャカルタで職務続けて」と言ったのに

 ジョコ・ウィドド大統領は25日夜、母の訃報を聞いて専用機でソロに向かう際、首都ジャカルタで「閣僚は私の母の葬儀に参加しなくていいから、ジャカルタで職務を続けてほしい」と言い残して旅立った。

 これはインドネシアが今直面している新型コロナウイルスの感染者急増という喫緊の課題に国を挙げて取り組んでいることを強く意識した発言で、「さすが庶民派大統領らしい配慮」と国民からは好意的に受け取られていた。

 ところが26日昼間にソロの自宅や墓所で行われた一連の葬儀には、警察の白バイに先導された黒塗りの高級車で乗りつける閣僚が相次ぎ、「大統領の参列自粛要請」が見事に裏切られた様子が、葬儀の様子を伝えるテレビ各局の映像で全国に生放送された。

 地元の報道によると、参列が確認されたのはルフト・パンジャイタン調整相(海事・投資担当)、プラティクノ国家官房長官、エリック・トヒル国営企業相、プラモノ・アヌン内閣官房長官らの閣僚に加え、中部ジャワ州知事、東ジャワ州知事などという。

 閣僚の中にはプラモノ・アヌン内閣官房長官のように、大統領の母の亡骸が安置されている自宅の前で待ち構える報道陣に対して到着時にわざわざ顔のマスクを外して笑顔で手を振りながら中へ歩いて入るなど場違い感を振りまく姿もみられた。

結婚式は解散、カフェでは帰宅命令

 ジャカルタは20日にアニス・バスウェダン州知事がコロナウイルスの感染拡大阻止のための「緊急対応策」を発表し、4月2日までの在宅勤務要請、公共交通機関の運行制限などを実施している。

 さらに地方自治体の首長による「外出自粛」「人込みの回避」「大規模集会やイベントの自粛」方針が打ち出され、多くの会社はシフト制にしたり自宅勤務態勢にしたりすることを余儀なくされている。また公共施設や娯楽施設の大半は閉鎖に追い込まれている。

 25日に放送されたテレビのニュースでは結婚式の会場に制服姿の地方自治体の当局者が訪れ、感染拡大の危険性があることを理由に結婚式の中止と参列者の即時帰宅を呼びかけ、新郎関係者とみられる男性らが呆然とする映像が繰り返し流された。

 また夜間営業中のカフェや食堂、道端の屋台からコーヒーなどを買って座り込んで話す若者たちが同じ様に「解散して直ちに帰宅するように」と指導を受ける様子も何度も何度も放送され、視聴者に対して「外出自粛」「人が集まる場所の回避」という「大統領や地方政府」の感染拡大防止対策の徹底を訴えていた。

 さらにジョコ・ウィドド大統領や保健省関係者、さらにジャカルタ州知事などがテレビに登場しては「手洗い徹底」「マスク着用」「外出自粛」などに加えい、「他人との約1メートルの安全間隔の確保」といった感染拡大防止策を繰り返し国民に訴える試みも行われている。

スラバヤの政府庁舎で行われた結婚式に参加した招待客。マスク着用、隣の人と間隔を空けて着席している(写真:AP/アフロ)


エレベーターも定員制限、行列も間隔

 感染拡大防止の“努力”は思わぬ場所でも発揮されている。

 ジャカルタ市内の主要なオフィスビルのエレベーターには、左右の壁際に3人ずつ計6人が壁側を向いて立ち、真ん中は前向きに3人が前後に並んで立つようにガムテープなどで「立ち位置と向きの矢印」がマーキングされている。

 さらにビルや会社の受付など行列ができる場所も前後左右に人が十分な間隔を保って並べるよう、床に立ち位置を示すテープが貼られている。額での体温検知、アルコールによる手の消毒など基本的な防止策に至っては、オフィスビルに限らず住宅用アパートやスーパーマーケットなどでもほぼ例外なく励行されている。

 このように「感染しない安全な間隔の維持」が官民を挙げて求められているのが今のインドネシアだ。国民の大半が信仰するイスラム教のモスクでも、祈りを捧げる信者たちは、前後左右に一定の間隔(約1メートル)を保つよう指導されている。

 こうした国を上げての感染拡大対策が行われている真っただ中に、ソロで執り行われたジョコ・ウィドド大統領の母親の葬儀では、「参加しなくてよい」と大統領から指示された閣僚がジャカルタからぞくぞくと馳せ参じた。そして、大統領の親族、近隣から集まった参列者、イスラム教関係者、さらに大統領や閣僚に同行した身辺警護の警備陣、マスコミなど、とごったがえす人込みに交じっていった。

 テレビの映像を見る限り、ほぼ全員がマスクを着用しているとはいえ、とても政府が推奨している「他人との安全な距離」が確保されているとは言えない状況だった。しかもマスコミのインタビューを受ける閣僚は、わざわざマスクを外して近距離でマイクに向かうなど感染拡大のための防止対策には無頓着そのものの姿をさらした。

 その様子をテレビで見ていたインドネシア人は、「もしこの中にコロナウイルスの感染者が1人でもいれば大変なことになるのに」とクラスターの可能性も否定できない葬儀に呆れた様子だった。またテレビ中継を見ていた医療関係者も「必死に国民に感染防止を呼びかけている大統領、閣僚がこれでは国民に示しがつかないし、説得力がない。残念なことだ」と語り、なぜ身内だけの葬儀にしなかったのかと疑問を呈していた。

国民に厳しく、特権階級に甘いコロナ対策

 同じような疑問や不満は、普段の生活に不自由さを感じ始めている国民の間で広く共有されているようだが、現在のところ、それを正面切って批判する声はほとんどなく、地元のマスコミにもそうした論調はまだない。

 こうした「緩やかさ」や「寛容的」なところ、さらに言えば「いい加減なところ」は、おおらかで細かいことに囚われないインドネシア人の美点ともされる。

 しかし今回に限っては、国民が感じた不満・不公平感はなかなか消えない可能性もある。結婚式に参加しただけの市民には厳しく、大統領の亡母の葬儀に出た閣僚、地方自治体首長といった「特権階級」には甘いという事案だからだ。インドネシア人もインドネシア滞在が20年以上という日本人もこうした扱いの差について「理解に苦しむ」としている。

 インドネシアの新型コロナウイルス感染は、3月2日に最初の感染者が報告されて以来、それまでの政府の油断が影響し対症療法や緩い「お願いベース」にとどまっていることから、急増傾向を示している。

 3月23日の感染者数と死者数がそれぞれ579人、49人だったのが、24日には686人、55人、25日には790人、58人、そして26日には893人、78人という具合で、感染者の数は連日100人ペースで増加しており、国家的「非常事態」ともいうべき深刻な状況に直面している。

 しかし、フィリピン政府などが講じたような、「首都封鎖」や「夜間外出禁止令」など強制力を伴った厳しい対応策に踏み切ることについては、今も躊躇しているのがインドネシアの姿である。

 亡母の葬儀に関して、国民に不満を抱かせてしまったジョコ・ウィドド大統領。これから新型コロナウイルスの猛威に対し、どこまで強い指導力を発揮できるか。葬儀の様子を目の当たりにし、政府の感染対策に疑念を抱き始めた国民が注視している。参列した大統領や閣僚らの間に、万が一にも感染が広がらないことを祈りながら。

筆者:大塚 智彦