仏コルマールにある病院の救命救急病棟で休憩をとる医療従事者(2020年3月26日撮影)。(c)SEBASTIEN BOZON / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランス当局は26日、新型コロナウイルス感染により過去24時間で死亡した人の数が過去最多の365人となったと発表した。新たな死者には16歳の少女も含まれる。

 仏保健当局トップのジェローム・サロモン(Jerome Salomon)氏は記者会見で、これまでに病院で死亡した人の数は1696人となったと発表。これには自宅や老人ホームで死亡した人は含まれていないと強調した。

 サロモン氏によると、検査で陽性反応が出た人の数は2万9155人だが、検査は高リスク患者にのみ行われているため、実際の感染者数はこれよりもはるかに多いとみられる。

 サロモン氏は、16歳の少女は首都パリとその周辺を含むイルドフランス(Ile-de-France)地域圏で亡くなったと述べたが、それ以上の詳細については公表を控え、「若者の重症例は非常にまれだ」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(26日午前4時時点)
新型ウイルスの高齢患者乗せた救急車に若者が投石 スペイン
米、新型コロナで銃の購入者急増 治安悪化を懸念