ライプツィヒのヴェルナー photo/Getty Images

写真拡大

サッカーの世界においてスピードは大きな武器になる。近年は陸上選手かと思うほど速い選手も出てきており、それによってサッカーそのもののスピードも上がってきている。

スピードの重要性はサッカーゲームの世界でも変わらない。大人気シリーズ『FIFA20』でもスピードスターたちを好んで使用している人は多いだろう。

そこでブンデスリーガ公式は、『FIFA20』における「ブンデスリーガ最速選手TOP10」なるランキングを作成している。新型コロナウイルスの影響もあって外出しづらい状況が続いており、こんな時だからこそ家の中でサッカーゲームに没頭するのも悪くない。

10位:ドディ・ルケバキオ(FW/ヘルタ・ベルリン)

9位:レオン・ベイリー(FW/レヴァークーゼン)

8位:カリム・ベララビ(FW/レヴァークーゼン)

7位:ミロト・ラシカ(FW/ブレーメン)

6位:アーリング・ハーランド(FW/ドルトムント)

5位:アルフォンソ・デイビス(DF/バイエルン)

4位:ケビン・ムバブ(DF/ヴォルフスブルク)

3位:キングスレイ・コマン(FW/バイエルン)

2位:アクラフ・ハキミ(DF/ドルトムント)

1位:ティモ・ヴェルナー(FW/ライプツィヒ)



結果はこのようになった。近年の特徴としては、ハーランド、ルケバキオのような大型ストライカーでもスピードを備えている選手が増えてきたことか。

またハキミ、ムバブ、今季バイエルンで左サイドバックを任されているデイビスのように、爆発的なスピードを誇るサイドバックも増えてきた。サイドバックに関してはスピードこそ正義といった空気感まで出てきており、今後もスピードスターをサイドバックに配する流れは続いていくことだろう。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/