PSGにはヴェッラッティの次を担える才能がいるようだ photo/Getty Images

写真拡大

現在、複数の欧州ビッグクラブに大人気の選手がフランスにいるようだ。バルセロナやマンチェスター・シティ、ユヴェントスといった強豪が17歳のタレントを巡りこれから争奪戦を繰り広げるかもしれない。

そう報じたのは英『Daily Mail』だ。同メディアによると、パリ・サンジェルマンに所属するU-17フランス代表MFエドゥアルド・ミチュが欧州で大人気となっているという。PSGとの現行契約が2021年夏で満了となる同選手。延長の選択肢ももちろんあるが、契約が切れるタイミングで各クラブはこの才能を確保しようと考えているようだ。

なかでも熱心なのはバルセロナ。同クラブはPSG加入前である13歳の時からこの若者に目をつけていたようで、かねてより次世代の中盤を任せることのできる逸材と評価していたという。

なお、プレイスタイルは中盤でパス回しの中心となれるゲームメイカーだ。特徴がPSGのトップチームでプレイするイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに近いことから、フランス国内では“NEWヴェッラッティ”と呼ばれることも。即座にパスコースを見つけ出す眼力は彼の魅力の一つだ。

はたして来夏、この17歳は自身のプレイする場としてどのクラブを選ぶのだろうか。ポテンシャルはワールドクラスのものを持っているだけに、自身に一番適したクラブを見つけてほしいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/