嗅覚や味覚異常 兆候の一つか〜韓国

写真拡大

においや味を感じなくなることが、新型コロナウイルスに感染した兆候のひとつである可能性を示す調査結果が、韓国で発表された。

韓国で最も感染者数が多い大邱の医師会によると、新型コロナウイルスの感染者3191人から電話で聞き取りをした結果、15.3%にあたる488人が嗅覚か味覚に問題があると答えた。このうち251人は、嗅覚と味覚の両方に異常があると答えたという。

大邱の医師会の幹部は、韓国メディアの取材に対し、「発熱やのどの痛みなどがなくても、嗅覚や味覚の異常を感じたら、検査を受けて自宅にとどまった方がいい」と話している。

においや味を感じなくなることが、新型コロナウイルスに感染した兆候のひとつである可能性は、韓国だけでなく他の国でも指摘されている。