湯浅政明監督のNetflixアニメ「日本沈没2020」に上田麗奈ら出演決定 場面写真も到着

写真拡大 (全3枚)

(C)JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

湯浅政明監督が手がけるNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」に、上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさきの出演が決定した。

同作は、1973年に小松左京氏が発表し、これまでに2度の実写映画化やドラマ化もされてきたベストセラー小説「日本沈没」の初アニメ化作品。物語の舞台を2020年へと変更し、大地震に襲われた東京からの脱出を図る“ごく普通の家族”が、極限状態のなかで生と死、出会いと別れの選択を迫られていく姿を描く。

上田は、未曾有の大災害に遭遇しながらも希望を失わず、家族とともに困難に立ち向かっていく14歳の少女・武藤歩(むとうあゆむ)役で主演を務める。上田は「とっても不器用で、不安定で、可能性に溢れている歩。私が持っていないものを沢山持っている女の子です。年齢も、性格も、環境も、違いすぎるほど違う歩とどうすれば寄り添っていけるのか、毎回本当に悩みながら、挑み続ける収録でした。私が今までやってきた事を全部捨てる勢いで、真っ白になって頑張ってみよう。そんな思いでしたが、実際どのようにアウトプットされていったのか、私自身も把握できていないシーンがたくさんあります」と収録を振り返り、「誰にも観せたくない。だけどすべての人に観ていただきたい。そんなふうに思った作品に出会ったのは、はじめてかもしれません。収録時は未完成の状態だったこともあり、本編がどのようなことになっているのか、私もまだわからないことが多くドキドキしています」と完成に期待を寄せた。

(C)JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

村中は、オンラインゲームで世界とつながる歩の弟・剛(ごう)、佐々木は元水泳選手でどんな苦境にも前向きな母親のマリ、てらそまは頼れる父親の航一郎を演じる。

また、崩れ落ちた街にたたずむ武藤家の家族4人の姿や、東京タワーを思わせる折れ曲がった鉄塔が炎に包まれる様子などを描いた場面写真も公開されている。

「日本沈没2020」は2020年にNetflixで全世界独占配信。