今度の戦士は熱血ウルトラマン!
 - (C)円谷プロ (C)ウルトラマンZ製作委員会・テレビ東京

写真拡大

 円谷プロダクションは26日、人気特撮「ウルトラマン」の新テレビシリーズ「ウルトラマンZ」(テレビ東京系・午前9時〜)を、6月20日(土)から放送すると発表した。新ヒーローとなるウルトラマンゼットは、登場から10周年を迎えたウルトラマンゼロの弟子。地球人の青年・ナツカワハルキと一体化して、宇宙の平和を脅かす謎の存在に立ち向かう。

 ゼロに憧れ、努力を重ねて宇宙警備隊の一員となったゼットは、師匠譲りの熱いハートで突き進む熱血ヒーロー。ある時、ゼロと共に、宇宙に飛び散った悪魔のカケラを悪用して惑星を滅ぼす謎の存在に立ち向かったゼットは、怪獣を追って一人で地球を訪れ、対怪獣ロボット部隊・ストレイジに所属する新人パイロット・ハルキと運命の出会いを果たす。

 師匠のゼロは、宇宙拳法の達人であるウルトラマンレオの弟子に当たり、そのレオはかつて、ゼロの父・ウルトラセブンに厳しい特訓を受けた。いわば、セブン一門の末弟とも言えるゼットだが、ゼロいわく、その実力はまだまだ「半人前どころか三分の一人前」。しかし、才能やポテンシャルは彼も認めるところで、未熟で発展途上だが、正義と平和を愛する心は誰にも負けない。

 物語の主人公となるハルキも、空手の達人で礼儀正しい、根っからの体育会系。地球に飛来した怪獣との戦いで命を落とすが、ゼットと一体化することで一命をとりとめ、正義のヒーローとして共に戦うことを決意する。ハルキ役の平野宏周(ひらのこうしゅう)は、1999年4月1日生まれの20歳。大役への抜てきに「まさか自分がウルトラマンになれるなんて、本当に光栄です。子供の頃に憧れていたあの気持ちを忘れずに、自分も子供達に憧れられるような存在になるため頑張ります」と意気込みを語っている。

 また、ゼロの声を務める宮野真守も参加しており、共に歩んだ10年に「僕もゼロのそばに、ずっといられることが出来て、本当に嬉しく思っております。初めはヤンチャで、『戦う』と言う事の真意も、まだ理解できていなかったゼロは、失敗を重ねながらも成長し、『ヒーローとは』を知っていきました」としみじみ。そんなゼロが師匠となることに「本当にびっくりしましたし、とっても感慨深いです。『あぁ、大人になったなぁ〜……』と、どこか親心と言いますか(笑)どんなストーリーになるか、僕も期待しています! 皆様も、是非楽しみに待っていてください!」とコメントを寄せている。(編集部・入倉功一)

「ウルトラマンZ」登場ヒーロー

ウルトラマンゼット
ゼロに憧れ、ゼロに弟子入りし、努力を重ねた新人ウルトラマン。その才能やポテンシャルはゼロも認めているが、現状では、彼曰く「半人前どころか三分の一人前」のヒーローである。体育会系で、常にパワー全開! 地球の文化に疎く、言葉遣いを間違えてしまうなどコミカルな部分も。未熟で発展途上ながら正義と平和を愛する心は誰にも負けない、熱血ヒーローだ!

ウルトラマンゼロ
ウルトラマンゼットの師匠。ウルトラセブンの息子でもあり、様々な宇宙を越えて戦っている歴戦の勇者。故に危険な任務も多く、師匠のウルトラマンレオから防具の役割を持つウルトラゼロマントを授かった。光の国を襲った怪獣を追撃する中、敵の罠により異空間に飛ばされてしまう。