LLVMプロジェクトは2020年3月24日(米国時間)、「[llvm-announce] LLVM 10.0.0 Release」において、LLVMコンパイラインフラストラクチャの最新版となる「LLVM 10.0.0」の公開を伝えた。LLVM 10.0.0の主な変更点は次のページにまとまっている。

LLVM 10.0.0 Release Notes

Clang 10.0.0 Release Notes

Extra Clang Tools 10.0.0 Release Notes

lld 10.0.0 Release Notes

Release Notes 10.0 - Polly 10.0-devel documentation

Libc++ 10.0.0 Release Notes

最新バージョンは、次のページからダウンロードできる。

Release LLVM 10.0.0 · llvm/llvm-project

LLVM 10.0.0の主な注目点は次のとおり。

ClangにおいてC++コンセプトをサポート

Clangのデフォルト動作をこれまでの別プロセス状態からインプロセスへ変更

Windowsのセキュリティ機能であるWindows Control flow guard (CFG)に対応

プロセッサコアおよび機能への対応追加

LLVM 10.0.0 Release Notes

LLVMプロジェクトは半年ごとにメジャーリリースを実施している。今回のバージョンでも引き続き各種改善やパフォーマンスの向上、細かい機能の追加などが行われている。LLVMは比較的後発のコンパイラインフラストラクチャであり、扱いやすいエラーメッセージなどから多くのベンダやプロジェクトでデフォルトのコンパイラとして利用されている。