「YouTubeは画質を強制的に落としたが、それでもネットワークの混雑は止まらない」の写真・リンク付きの記事はこちら

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」のパンデミック(世界的大流行)が加速するなか、テック企業は一般消費者向けのヴィデオやゲームをダウンロードするようなアプリケーションの帯域幅を制限することで、インターネットの混雑を防ごうとしている。

YouTubeは通常、接続速度に基づいて動画の画質を調整している。高速回線を使用しているユーザーには、デフォルトで高解像度の動画がストリーミング配信される。低速接続では、標準解像度の動画がストリーミング配信される。

ところがYouTubeは、ストリーミング配信のデフォルト画質を標準解像度に変更する。高解像度の動画も引き続き視聴できるが、手動で高解像度を選択する必要がある。

グーグルの広報担当者は、「この前例のない状況が続く間は、システムの負荷を最小限に抑えるために、世界中の政府や通信事業者と緊密に協力を続けていきます」とコメントしている。「先週、欧州連合(EU)において一時的にYouTubeのすべての動画のデフォルト設定を標準解像度に変更することを発表しました。今回の危機の国際性を考慮して、本日(米国時間の3月24日)からこの変更を世界に拡大します」

増加の大部分はストリーミングサーヴィス

これとは別に、コンテンツデリヴァリーネットワーク事業で知られるアカマイ・テクノロジーズは、ソニーやマイクロソフトと協力して、インターネットの混雑に直面している地域でピーク利用時のヴィデオゲームのダウンロード速度を自発的に制限すると発表した。

アカマイの最高経営責任者(CEO)のトム・レイトンは、ブログ記事で「アップデートのリリース時に大量のトラフィックが発生するゲームソフトウェアのダウンロードでは、この制限はとても重要です」と説明している。「最新ゲームのソフトウェアアップデート時に発生するトラフィックは、およそ3万ウェブページ分に相当します」

パンデミックの最中に自宅待機となった人が増えることで、ストリーミング配信で動画を観たり、ヴィデオゲームをプレイしたりする人が増加する。これによってインターネットのインフラには過剰な負荷がかかる。これにより懸念されるのが、インターネットを利用して医師と相談したり、弱い立場にある家族と連絡を取り合ったり、在宅勤務をしたり、学校の宿題を仕上げたりする際に影響が及ぶ可能性だ。

欧州では、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Disney+などの映像配信サーヴィスも、インターネットの混雑を回避するためにストリーミング画質を大幅に落としている。

ノキアのネットワーク分析部門のDeepfieldは3月20日の記事で、新型コロナウイルス感染症が拡大する地域でここ4週間、インターネットのトラフィックのピークが通常の20〜40パーセント増になっていると伝えている。その増加の大部分は、Netflixなどのストリーミングサーヴィスによるものだ。Netflixのトラフィックが54〜75パーセント増加している地域もある。

ネットワークが対応しきれなくなる?

これまでのところ、インターネットインフラは需要の増加に対応できている。インターネット分析会社のOoklaが収集したデータによると、インターネット接続速度は新型コロナウイルス感染症が拡大する地域で低下している。しかし、感染の影響が最も大きい地域の一部では、3月は12月よりも速い平均速度を維持している。

この状況は、速度が低下し続けているイタリアやマレーシアのような場所で変化し始めている。一方、シアトル大都市圏のようなほかの地域では、速度は安定している。また、速度の低下がインフラへの過負荷によるものなのか、家庭のWi-Fiルーターがインターネットを同時に使用する家族全員のニーズに対応することに苦労しているからなのかも、明らかではない。

Deepfieldの最高技術責任者(CTO)であるクレイグ・ラボヴィッツは『WIRED』US版の取材に対し、ブロードバンドプロヴァイダーにはトラフィックの急増に対処する能力があるが、現在のペースで需要が増加し続けた場合はネットワークがトラフィックに対応しきれなくなる可能性があると警鐘を鳴らしている。

ストリーミングサーヴィスが使う帯域幅の抑制は、この問題の解決を助けるかもしれない。しかしラボヴィッツによると、アップロード速度がダウンロード速度よりも大きな懸念事項になる可能性がある。

というのも、ほとんどの家庭用ブロードバンドサーヴィスは、アップロード速度をダウンロード速度よりもはるかに低い速度に制限している。ヴィデオ会議で仕事をする人や、友人や家族と連絡を取り合うためにヴィデオチャットアプリを使用する人が増えるにつれ、アップロード速度の上限が負担になってくる可能性がある。

新型コロナウイルスの関連記事

◎知っておくべき基礎知識

新型ウイルスのワクチンは、いつできる? 基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」いまこそ知っておくべき「コロナウイルス」に関する4つの基礎知識マスクは役に立たない? ワクチンが届く日は近い? 新型ウイルスにまつわる「8つの風説」の真偽新型ウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」子どもも新型ウイルスに感染するが、重症化しにくいだけかもしれない新型ウイルス対策としての「休校」は本当に有効?スマートフォンやキーボードを正しく除菌する方法

 
◎これから何が起きるのか?

「78億の人類に感染の恐れがある」と、天然痘の撲滅に貢献した疫学者は言った新型ウイルスの感染拡大は、今後どんな結末を迎えるのか? 考えられる「3つのシナリオ」米国は新型ウイルスの「抗体」の開発を急いでいる

 
◎いま起きていること

イタリアが新型コロナウイルスの“激震地”になった「2つの理由」と、見えてきた教訓需要爆発で生産が追い付かないマスクメーカーの大混乱新型ウイルスの世界的流行によって、「握手の習慣」が消えつつある“封鎖”された中国・武漢で、いま起きていること渡航禁止と隔離では、もはや新型ウイルスの勢いは止められない感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp