『ソウルフル・ワールド』 © 2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

"もしも…"の世界を巧みに描き、ヒット作を生み続けているピクサーが新たに挑戦するのは、生まれる前の魂(ソウル)の世界!

【動画】ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド】予告編

ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』(2020年夏公開)の日本版特報が、ついに解禁されました。

監督は、目に見えない"感情たち"と"頭の中の世界"を、見事なアニメーションで描いた『インサイド・ヘッド』のヒットも記憶に新しい、ピート・ドクター。

見たこともなければ、想像するのも難しい"魂の世界"を、今度はどう描くのか?

『インサイド・ヘッド』制作秘話や、特報の映像と共に、予想&紐解いてみたいと思います。

生まれる前に性格が決まる?! 誰も見たことがない"魂(ソウル)"の世界

NYで音楽教師として働きながら、ジャズミュージシャンを夢見るジョー。

有名ジャズクラブで演奏するチャンスを掴むも、落下事故にあってしまいます。

目を覚ますとそこは、人間が生まれる前に性格や才能、自分の個性や興味を決める“魂(ソウル)の世界”!

ジャズクラブで演奏するはずだった日まであとわずか…果たしてジョーは地上に戻り、夢をかなえられるのか?

存在意義や生きる目的、“本当の自分”について問いかけるような深いメッセージを、コミカルでエッジの効いたソウルたちの活躍と共に軽やかに描く、意欲作です。

"もしも…"の世界で驚きと感動を生み出し続ける ピート・ドクター監督

1995年の『トイ・ストーリー』(原案を担当)より、数々の作品で脚本や製作総指揮を担い、ピクサーの“感動作”には欠かせない、天才クリエイター ピート・ドクター。

『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』では監督を務め、世界中に感動の渦を巻き起こしました。

現在はピクサーのトップ(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)となったピート・ドクターが、23年の歳月をかけ制作し、世界中の人々に「もしも生まれる前に“どんな自分になるか”を決める場所があったら?」という、人生で最も重要なテーマを問う『ソウルフル・ワールド』。

イマジネーションあふれる"魂の世界"を舞台に、誰も見たことがない驚きと感動の物語を届けます。

ピクサー史上最大の挑戦! “頭の中の世界”を描いた『インサイド・ヘッド』

ピート・ドクター史上最大の意欲作と言えば、“頭の中の世界”を見事なアニメーションで描いた『インサイド・ヘッド』。

メインキャラクターとして起用したのは、なんと頭の中の"感情"たち!

「人の記憶や感情の動き=人間の内面と、行動との関係は? 」

「感情が動く時、頭の中で一体何が起こっているの? 」

という難しいテーマを、誰もが楽しめるエンターテインメントとして掘り下げ、見事に描き切りました。

徹底リサーチと、アニメーターの発想力から生まれたキャラクターたち

人間の脳は、現代医学をもってしても、解明されていない部分がほとんど。

制作陣はまず、精神科医や科学者に話を聞きに行き、人間の頭の構造や感情の数を、徹底リサーチする事から始めます。

膨大な感情を思いつくままにキャラクター化して行くも、整理がつかず、"喜び"、"悲しみ"、"怒り"、"嫌悪"、"恐れ"の5つに絞る事に。

まずはそれぞれのイメージを抽象画で描いて行き、イメージを膨らませて形作って行きました。

イメージを形にし、極限までデフォルメ化した感情たち

イカリ=色は激しい気性の赤、重々しくて融通が利かない感じ

と言ったように、イメージを形作った後は、どこまでシンプルにできるか考えられました。

また、ピクサーはとにかくリアリティを大事にアニメーションを作っていきますが、"感情たち"は想像の産物なので、フィーリング優先でOK!

動きに多少無茶があっても、一昔前のカートゥーンのような騒々しさを目指したそうです。

お年頃な女の子の頭の中は、常に騒がしくフル回転しているはずですしね。

目に見えない"魂(ソウル)"は、どうキャラクター化される?

"感情"に比べ、"魂"はスピリチュアルな要素も含み、そもそも取り扱うのが難しそうな題材です。

そして、両方とももちろん目に見えません。

ですが、キャラクターデザインの過程において、おそらく『インサイド・ヘッド』と同じく、徹底したリサーチがされているはずです。

全く新しい"魂の世界"は、きっと誰もが共感できるような、素晴らしい仕上がりになっている事でしょう。

だって、ピクサーだもん!

『リメンバー・ミー』で描かれた死後の世界なんて、リアリティ半端なかったじゃないですか。

魂の世界に辿り着いたジョーは、ぽてっとした青く可愛らしいフォルムへ変化しています。

先日公開されたUS版本予告を見ると、大勢いる魂たちは、全てこの姿。

他にも、線画のような前衛的なデザインのキャラクターや、どこか夢の中の記憶のようにぼんやりした背景など、エッジのきいたアニメーションが多数見られます。

『インサイド・ヘッド』の「抽象概念の部屋」や「イマジネーションランド」のような、斬新な表現との共通点を見つけながら、"魂の世界"のヒントを探すのも、面白そうですね。

イマジネーションあふれるアニメーションへの期待も高まる『ソウルフル・ワールド』は、2020年夏 全国公開です。