目元が潤うアイクリームがスゴイ…美容ライターの推しコスメ4選
 無限にあるコスメの中から自分に合ったものを見付けるのは至難の業。気になって買ってみたけどダメだったり、次第に使わなくなってしまったりと頻繁に失敗したりもするなかで、「コレだ!」というアイテムに出会えた時の喜びは計り知れないですよね。

 そこで美容ライターの筆者が「これは値段以上の価値がある!」と思う、愛してやまない推しコスメをご紹介します。

※価格はすべて税抜きです

◆目元の乾燥に
.ラブ「アミュチア アイクリーム」1,200円

 こちらは最近出会ったのですが、自分の中でかなりのヒット。目元の乾燥を何よりも恐れる筆者にとって、いつでもどこでも潤いを補給できるスティック型のアイクリームは常に携帯する必須アイテムです。このアイクリームの優秀な点は、スティックの程よい固さ。

 軽くスルスルと塗ることができるものも持っているのですが、すぐに潤いが飛んでしまい何度も塗り直さなければならないのが難点でした。しかしこちらはクリーム自体のテクスチャーが重めのため、長時間潤いがとどまってくれるんです。そして適度なスースー感と柑橘系のさわやかな香りが疲れた目元をすっきりリフレッシュしてくれるので、仕事の合間にこれを塗るのが自分にとってのご褒美タイムになっています。

 リップクリームほどの大きさでコンパクトなところも◎。ポーチやペンケース、ポケットに入れていてもかさばらず持ち歩きやすいです。

◆手のキシみに
DHC「UV ハンドクリーム」60g 900円

 日焼け止めは身体に使う分には問題がなくても、手に使うとちょっとしたキシみが気になったり保湿力が足りなかったり……。そこでUV効果のあるハンドクリームを探してみるのですが、意外と少ないうえに、あってもSPF値が低いものがほとんどなんですよね。

 このDHCのUVハンドクリームはSPF33・PA+++とハンドクリームにしてはSPF値が高めで、サラッとした使い心地ながらきちんと手指を潤してくれます。手はつい油断して焼けてしまいがちだったので、その反省もふまえて車内が蒸し風呂状態になる夏以外はこれを車の中に常備し、運転前に塗っています。

◆トレンド感をゲット
UZU BY FLOWFUSHI「MOTE MASCARA COPPER」1,800円

 大ヒット商品、モテマスカラの進化版であるUZU(ウズ)の「MOTE MASCARA」。ブラウン・コッパー・ネイビー・バーガンディ・カーキと、カラータイプは全5種類あります。このマスカラの何が1番の魅力かというと、それは絶妙な色み! 1色に絞るのが困難なほど、どのカラーもスタイリッシュで素敵。取り入れるだけでメイクにトレンド感を出してくれます。

 筆者は悩みに悩んでコッパーをセレクト。アイライナーやマスカラをすると目の印象が強くなりすぎてしまうのが悩みですが、こちらは抜け感が出て柔らかい印象を作ってくれます。他にも特に気になるカーキとバーガンディは、追加で購入してしまいそうな予感……。

◆肌を柔らかく
ぅ優ナチュラル「ボタニックセバムオイル」32mL 3,200円

 11種類の植物オイルと有機ヘチマエキスを、人の皮脂に似たバランスになるようブレンドしているオイル。お風呂から上がったらまず何より先にこのオイルをマッサージするように顔になじませ、それから身体を拭いて服を着てからスキンケアに入ります。サラッとしたオイルが肌を柔らかくしてあとからつける化粧水をしっかりと肌に取り込んでくれるので、季節問わず手放せません。

 このオイル、筆者はブランドリニューアル前の「ボタニックオイル」を使っていますが、今は商品名が「Natures for(ネイチャーズフォー)」シリーズの「ボタニックセバムオイル」へと変わっています。パッケージやサイズが変更になっただけで中身は全く変わらないようなので、なくなったらリピする予定!

 ちなみに2020年春夏メイクで気になっているカラーはオレンジとグリーン。自分に合うオレンジリップやグリーンのシャドウ、アイライナー探しに夢中になっているところです。

 今年も筆者のコスメ欲は止まりません。また推しアイテムに出会えたら紹介していくので、是非チェックしてみてくださいね!
<文/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】
雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。