日本郵政が約1万人の郵便局員の削減を検討 かんぽ不正販売などで収益減

ざっくり言うと

  • 日本郵政グループが、全国の郵便局員約1万人の削減を検討していると判明
  • かんぽ生命保険の不正販売問題などを受け、金融事業の収益力が落ちたため
  • 削減は採用の抑制や早期退職などにより実施する方向だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x