「春の皿には苦味を盛れ」の意味とは?

写真拡大 (全2枚)

 「春の皿には苦味を盛れ」ということわざをご存知ですか。老廃物がたまりやすい冬の身体をリセットするために、苦味のある食べものを積極的に取り入れようという教えです。

ここでは、苦味を持つ食材の代表格である春野菜の働きや食べ方についてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法 https://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet/

春に苦い食材が推奨されるのはなぜ?


「春の皿には苦味を盛れ」とは、春には苦いものを食べようという意味です。この場合の「苦いもの」は主に春野菜を指します。

なぜ、春に苦いものを食べることが推奨されているのでしょうか。実は苦味成分には、冬の身体を春仕様にする働きがあるからです。

春野菜特有の苦味のもとになるのは「植物アルカロイド」と呼ばれる成分です。新陳代謝を促して、体内にたまった余分な熱や水分を体外に排出する作用があります。また、春野菜には抗酸化作用のあるポリフェノールも多く含まれています。

冬の間は体温を逃さないために代謝能力が低下し、脂肪や老廃物を溜め込みやすい状態になっています。こうした冬の身体を春に向けて切り替えるために、春野菜はぴったりの食材なのです。

春に食べたい苦味のある野菜とは

菜の花
春を代表する緑黄色野菜のひとつです。抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれています。また、免疫力を高めるβカロチンや、体内の塩分を排出するカリウム、貧血予防に不可欠な鉄分なども多く、風邪予防や美肌効果が期待できます。

たけのこ
カリウムを豊富に含み、余分な塩分を排出する働きがあります。食物繊維を多く含むことから、便秘予防にも効果的です。あくが強いため、食べすぎると吹き出物ができる場合があります。

ふきのとう
ふきの花のつぼみです。独特の苦味にはポリフェノール類が多く含まれています。強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。天ぷらやみそ和えにするのがおすすめです。

春野菜のレシピ

菜の花のおひたし
1.菜の花を半分にカットする

2.塩を入れたお湯で菜の花をゆでて、水気をしぼる

3.めんつゆに練りからしを入れてよく混ぜ合わせる

4.3に2を加えて、全体を和えたら完成

ふきのとうの天ぷら
1.ふきのとうのつぼみをよく洗い、汚れを取り除く

2.キッチンペーパーで水気を取り除き、つぼみの周りの葉を開いておく

3.水で溶いた天ぷら粉にくぐらせて、170度の油でカラッと揚げる

4.天つゆや塩などをつけていただく

【参考】
「ほほえみごはん-冷凍で食を豊かに-」.ニチレイフーズ
https://www.nichireifoods.co.jp/media/1510/,(参照 2020-01-15)

「けんこうフィットNEWS - 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法 https://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet/