NTTテクノクロスは3月23日、農業におけるハウス施設内の温度・湿度を見える化する「Fermier Monitor」の販売を、4月1日から開始することを発表した。

Fermier Monitorの構成イメージと利用画面

NTTテクノクロスの検証によると、ハウス施設内は空気が循環しづらく、施設内での温度や湿度に偏りが出るということが判明しているという。

販売を開始する「Fermier Monitor」では、LPWA通信と無線センサーの活用により、ハウス施設内の上下左右の多地点において温度と湿度の計測が可能。

また、一般的なグラフ表示に加え、多地点で測定された同一時間帯の温度を1度ごとに色付けして、3Dマップ上に表示するという。時間帯ごとの温度・飽差のムラを可視化することで、収量差の出やすい温度ムラ箇所の具体的な制御改善が可能で、収穫量の増加・品質の安定化につながるとしている。

さらに、オプションを利用することで、複数のハウス間の環境比較や任意のセンサー間の環境比較など、より詳細な分析を簡単に行えるということだ。

価格は、実際の利用環境などにより構成や価格が変わるため、問い合わせのこと。