WHOは新型コロナウイルスについてのQ&Aで、「してはいけないこと」の一番上に「喫煙」を挙げ警告している。また、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のたばこ管理研究・教育センターのスタントン・グランツ教授の研究でも「症状が重症化する確率は喫煙者の方が非喫煙者より14倍高い」という結果が出ている。

日本では東京都医師会の尾治夫会長が12日(2020年3月)、「この際、禁煙を考えていただきたいと強く思っています」と発言している。

電子タバコならどうなの?専門家「アウトです」

日本の喫煙率(2018年、厚労省調査)は男性が29.0%で女性が8.1%だが、総合大雄会病院の後藤礼司医師は「たばこを吸わない人も気を付けないといけない」と警鐘を鳴らす。副流煙を吸ういわゆる受動喫煙により、非喫煙者でも感染をしやすい状況を作ってしまうからだ。

「新型コロナから人を守るために、公衆衛生の部分をきちんとできている国は死亡率が低い。この機会に自分たちのできることを見直してほしい」と後藤医師。

お笑い芸人で作家の山田ルイ53世は喫煙者だ。TBSアナウンサーの国山ハセンに「たばこを吸われる方」と指名されると、タジタジになりながら質問した。

山田ルイ53世「先生、電子タバコはどうなんですか?」

後藤医師「副流煙の影響が低いという意味ではまだマシかと思いますが、肺への影響は紙タバコとあまり差がないというデータもあります」

山田ルイ53世「喫煙はルールを守って!」

キャスターの立川志らく「それでも番組終わったらぱっと吸うんでしょう」