詰んだ(C)共同通信社

写真拡大

 河井克行前法相と河井案里参院議員の命運は、ついに尽きるのか。

河井案里氏を素っ裸に? 広島地検「携帯押収」の一部始終

 案里氏が初当選した昨年7月の参院選をめぐる公選法違反事件は、来週がヤマ場だ。ウグイス嬢14人に法定上限の2倍にあたる報酬を支払ったとして、広島地検は案里氏の公設第2秘書の立道浩容疑者(54)や克行氏の政策秘書の高谷真介容疑者(43)ら3人を逮捕。勾留期限となる24日に起訴する方針だ。

 案里氏の当選を無効にする連座制適用に向け、迅速審理を求める「百日裁判」の申し立ても浮上している。

「秘書らが容疑を認めていることから、案里氏の失職はほぼ確実。克行氏を立件できるかどうかが捜査の焦点です。克行氏が案里陣営を仕切り、実質的な選対責任者との証言が上がっている。国会会期中に2人の国会事務所にガサ入れしたり、スマホを押収したりと広島地検は強気の捜査を展開していて、来週がまさにヤマ場です。というのは広島高検トップの小川新二検事長が27日に定年を迎えるため、後任が官邸寄りなんてことになれば捜査への影響は必至。地検が克行氏逮捕に動くのなら来週26日がデッドライン。官邸とせめぎあう中、どこまでいけるか」(司法関係者)

 一方、「官邸が“河井切り”に動く」との情報も流れている。克行氏は安倍首相の側近として幅を利かせ、昨年9月に初入閣。案里氏もその恩恵にあずかり、参院選公示前に自民党本部から1億5000万円の巨額支援を受け、金権選挙を展開した。

「秘書らの起訴を区切りに、安倍首相が何らかの発言をするのではないかといわれている。要するに、流れをつくって、2人を辞職やむなしに追い込むというのです」(与党関係者)

 河井夫妻は万事休すか。