ファジアーノ岡山は21日、川崎フロンターレのGK馬渡洋樹(25)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は36に決定している。

 馬渡は東福岡高から鹿屋体育大を経て、2017年に愛媛へに加入。昨季途中に川崎Fへ期限付き移籍し、シーズン終了後に完全移籍となっていた。

 岡山加入にあたり、クラブ公式サイトを通じて「この時期の移籍というのはあまりないと思いますが、今回ファジアーノ岡山よりオファーをいただき、僕自身チャレンジしようという強い気持ちで加入することを決めました。岡山のために精一杯戦います」とコメントしている。

 また、川崎Fのクラブ公式サイト上では「去年の7月にフロンターレに来て約8ヶ月と短い期間で公式戦出場もありませんでしたが、等々力陸上競技場のゲームを観に行ったときのスタジアムの雰囲気、サポーターの多さや熱量に驚かされました。短い間でしたが高いレベルの中でプレーできたのは自分自身の経験になりましたし、フロンターレに来た当初より確実に成長できたと思っています」と感謝を語り、「自信を持って岡山でプレーしたいと思います」と誓った。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK馬渡洋樹

(まわたり・ひろき)

■背番号

36

■生年月日

1994年8月16日(25歳)

■出身地

福岡県

■身長/体重

187cm/82kg

■経歴

福翔トナカイFC U-15-東福岡高-鹿屋体育大-愛媛-川崎F-愛媛-川崎F

■出場歴

J2リーグ:1試合

天皇杯:3試合