「田嶋会長便り」と題し、自身の症状など近況を報告した田嶋会長。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 JFA(日本サッカー協会)の田嶋会長が19日、JFA公式ホームページ上で「田嶋会長便り vol.1」と題して、自身の近況などを報告した。

 17日に新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した田嶋会長。その後2日を経過しての症状や、その間に行なわれたFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長との電話でのやり取りなどについて、「田嶋会長〜」の中で明かしている。

 まず、気になる症状については「新型コロナウイルスの陽性がわかり2日がたちます。微熱があり、少し肺炎の症状があります。私は少し血圧が高いくらいで、持病もなく、タバコもすいません。昨日から医師の指示に従って治療を開始しました。そのかいあって、熱は下がり、気分は悪くありません。新しい薬の投与も始まり、一日中検査をしています」と報告。さらに、「すぐに結果の出ることではありませんが、このような積み重ねがこの新型コロナウイルス感染症の治療法開発に活かされるのかと思います。これからできる範囲で情報発信をしていきたいと思います」とコメントしている。

 また、今夏の開催を危ぶむ声も出ている東京五輪については、インファンティーノ会長からの見舞いの電話の際に次のようなやり取りをしたという。
「先日FIFAのインファンティーノ会長から電話があり、お見舞いのメッセージをいただきました。その際、オリンピックについて質問がありました。日本サッカー協会、FIFAカウンシルの立場で、今、変更を決めることはできない。予定通り開催したいと申し上げました。延期などの措置については一切触れませんでした。ユーロ、コパアメリカなど既に開催日程を変更している大会もありますが、実際、オリンピックのサッカーは23歳以下の大会であることから、技術的に難しい面があることも認めなければなりません。どちらにしても今の意見としてはこの答えしかありません」

 また田嶋会長は、医療関係者に対して次のように感謝の意を述べている。
「最後に、医師、看護師、スタッフの皆さんの献身的な仕事ぶりに敬服しています。感謝です。きっと日本中の医療機関で皆さん頑張っていると思います」

 そしてさらに、「この事態が1日も早く収束し、日本でも世界のどこでもサッカーが自由にできる日を楽しみにしています。私も早く回復して、そのために力を尽くしたいと思います。お目にかかった皆様に感染がないことを心より祈っております。 みなさまも、手洗いを励行し、どうかお身体に気をつけてお過ごしください」と、感染症対策と健康管理を呼び掛けた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部