2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
楠神順平(1)

今年の頭に行なわれた全国高校サッカー選手権大会で、個々のスキルを生かした静岡学園が優勝したのは記憶に新しい。そして今から14年前、同じように卓越したボールテクニックとコンビネーションによる「セクシーフットボール」で、全国制覇を成し遂げたのが、滋賀県の野洲高校だった。ファンの熱狂を呼んだあのサッカーを当時のメンバーに聞く。昨年末の第1弾に続き、今回から第2シリーズを掲載する。

◆ ◆ ◆

 第84回全国高校サッカー選手権で優勝した、野洲高校の快進撃の狼煙となるゴールは、楠神順平のスーパープレーから生まれた。


14年前に野洲高校で全国優勝。右サイドのドリブラーとして活躍した楠神順平

「あんなプレー、中高の6年間で1回だけっすよ」

 楠神は、照れた口調でそう振り返る。

 楠神が言う「あんなプレー」とは、初戦の修徳高校戦で見せたプレーのことだ。いや、魅せたと書いたほうが適切かもしれない。

 前半24分のことだった。敵陣でのフリーキックから、キャプテンの金本竜市が精度の高いロングパスを送る。右サイドに張っていた楠神は、自分のもとに飛んでくるボールと、正面から寄せてくる修徳の選手を瞬時にとらえると、ワンタッチで相手の左側にボールを通し、自分は反対側を抜けていった。いわゆる「裏街道」と呼ばれるプレーだ。

 さらに、追いすがる相手の前に体を滑り込ませると、2人に囲まれながらも軸足の裏を通したヒールキックで相手の股間を抜き、シュートに持ち込んだ。相手に当たって跳ね返ったボールを味方が体を張ってつなぎ、最後は乾貴士が強烈なシュートを突き刺した。

 14年前のたったひとつのプレーについて、楠神の口からはよどみなく言葉が出てくる。

「中学の時から、ファーストタッチで相手の逆を取ることはずっと言われてたんで、それは考えてやったと思います。股抜きは、相手が2人来て潰されると思ったので、ボールを残そうと思って、ヒールをちょっとしただけで。ファーストタッチだけですね、考えてやったのは」

 楠神へパスを送った、キャプテンの金本は言う。

「順平が1対1のところにパスを放り込めば、だいたいドリブルで抜けるんです。抜けないのは、ほとんど見たことないです。だから、1対1になったら誰もサポートに行かなかったですね(笑)」

 高校3年生にして、初の全国大会である。同年度の秋に国体選抜として全国大会に出場していたとはいえ、選手権とは注目度も違う。だが、楠神に限らず、野洲高のメンバーに緊張はなかったという。それよりも、ようやく選手権に出られた喜びのほうが大きかった。

「高校2年生までは滋賀県で勝てなくて、このままじゃヤバいなとは思っていました。だから、3年の選手権予選(滋賀県)で優勝した時はほっとしました。あとは、選手権(全国大会)で思い切ってやるだけや、って思えたんです。たぶん、ほかのみんなもその気持ちだったと思います」

 楠神の言葉どおり、ダークホースの野洲高は初戦で修徳を倒すと、2回戦で四日市中央工業を僅差で退ける。続く、高松商業、大阪朝鮮、多々良学園を撃破し、決勝戦では鹿児島実業を延長戦の末に破り、日本一に輝いた。

 楠神は右サイドのアタッカーとして、スピードを活かした鋭利なドリブル、トリッキーなプレーで対戦相手を蹂躙し、”セクシーフットボール”の右の翼として活躍した。

 野洲高時代、あるいはその後のプロでの活躍からすると、彼のことを生粋のサイドアタッカーだと思う人も少なくない。だが、高3の選手権予選の途中まで、楠神はトップ下でプレーしていたのである。

 楠神は持ち前の俊足と負けん気、足元の高いテクニックを武器に、攻撃の中心として自由にプレーできるトップ下というポジションを気に入っていた。

 だが突如、右サイドにコンバートされる。鹿児島実業との決勝戦で伝説の決勝ゴールを決めた瀧川陽によると、サイドへのコンバートを伝えられた時は「めちゃくちゃすねていた」らしい。楠神が当時を振り返る。

「サイドになってから、中のことは知らんで! と思っていました。サイドにボールが来たらやるけど、中は好きにしてなと。まあでも、僕の代わりにトップ下になったのがケンでしたからね。しゃあないかと。ケンには中高の6年間、サッカーのことについて、一回も文句を言ったことがないですから」

 ケンとは野洲高で10番をつけていた、平原研のことである。のちにプロになる個性派集団の誰もが「ケンがいちばんうまい」と認める選手で、サッカーセンスとスキル、アイデアは飛び抜けていた。

 楠神と平原が出会ったのは、小学6年生の時だ。彼との邂逅がなければ、楠神のサッカー人生は違っていたかもしれない。

「当時、”セゾンにめちゃくちゃうまいヤツがいる”と噂になっていたんです。6年生の時に県選抜に入って、グラウンドに行ったら、ケンがいました。一緒にプレーしたらめちゃくちゃうまくて、これはもうセゾンに行くしかないなと」

※セゾンFC/滋賀県のジュニア・ジュニアユースチーム。当時の野洲高校の選手の多くがこのクラブの出身

 小6の平原のプレーは、楠神に大きなインパクトを与えた。小さい頃から足が速かった楠神は、テクニックとスピードで相手を抜いていくタイプの選手だった。しかし、平原は違った。

「スピードがないのに、こんなにうまいヤツがいるんやと衝撃を受けたんです。僕はスピードで抜くタイプだったんですけど、ケンは歩くようにスイスイ抜いていくので、かっこいいなと思って。これができるようになるんやったら、セゾンに行こうかなって」

 小学5年生の時に参加したセゾンFCの練習会では、監督の迫力に圧され、「ちょっと無理かも」と思った楠神。しかし平原のプレーを見たら、そんなことも言っていられなかった。そして楠神と平原、金本、瀧川、青木孝太、1学年下に乾と、のちの野洲高の主軸を担う選手たちが、セゾンFCのジュニアユースに集結した。

「中学時代は自分の基礎というか、サッカー観ができた時期でした。相手にビビらないでプレーすること。相手の逆を取ることなど、今の僕のベースは中学の3年間でできたと思います。セゾンに入ってなかったら、全然違うプレースタイルになっていたんじゃないですかね」

 楠神は「中学時代の多感な時期に、(セゾン監督の)岩谷(篤人)さんのサッカーとチームメイトに出会えたのはよかったですね。セゾン組は今でも仲いいですし」と、懐かしそうに振り返る。

 ちなみに最近、動画サイトに上がっている、当時の高校選手権の映像を見たという。

「ケンがめっちゃうまいなというのと、タカシ(乾)がめっちゃ走ってるなと思いました。ケンとニッチョ(キャプテン金本のあだ名)のところがうまかったんやなあと思いますね。僕はサイドで待っていて、ボールが来たら行くぞって感じで、あんまり走ってなかったですね(笑)」

 高校3年間のいちばんの思い出は? そう聞くと、即答した。

「やっぱり、決勝戦の最後にアキラ(瀧川陽)が点を取ったところですね。僕はあの一連のプレーに、まったく関わっていないですけど(笑)。タカシがヒールをした時点で、点が入りそうやなとは思ったんですよ。選手権に出るまでは、滋賀県予選で負けて悔しい思いをしていたので、うれしかったのはほんまに最後だけでした」

 そしてこう付け加える。


14年前の高校サッカー選手権優勝について語る楠神 photo by Sportiva

「セゾンのみんなとは中高の6年間やっているので、今でも仲がいいんです。それは幸せなことだと思いますね。優勝したからこそ、みんなにいい思い出として残っていると思うし、なんかあったらすぐに集まれるのはいいですよね」

 楠神は野洲高で日本一に輝いたあと、同志社大学を経て川崎フロンターレに加入。夢だったプロへの切符をつかみ取った。その後、セレッソ大阪やサガン鳥栖などを経て、2019年末に清水エスパルスとの契約が満了。フリーになった楠神が、次なる所属先を見つけるまでの調整先として選んだのは、かつての戦友がいるグラウンドだった。
(つづく)