法政大DF高木友也の横浜FC加入が内定

写真拡大

 横浜FCは20日、2021シーズンの新戦力として法政大のDF高木友也(21)の加入が内定したことを発表した。また、同日に日本サッカー協会(JFA)からJFA・J リーグ特別指定選手として承認されたことも発表。承認期間は2020年3月19日から2020年12月31日までとなっており、横浜FCでの今季背番号は24に決定している。

 高木は横浜市出身の21歳。クラブは公式サイト上で「大学サッカー界、屈指の左サイドバックとして、2020年デンソーカップ 全日本大学選抜に選出。高い技術と戦術眼で相手の状況に応じて一番ベストな選択肢を選ぶプレーが出来る。攻撃の起点となり正確なクロスボールなどでゴールに直結するプレーも魅力。加えて守備でもプレーの状況を予測し、ボールを奪い、すぐさま攻撃へと転じる事も特徴のひとつである」と紹介している。

 本人もクラブ公式サイトを通じて「私の生まれ育った横浜の地でプレーできることを大変光栄に思っております」と喜びを語り、「支えてくれた方達のすべての想いを背負って闘いますので応援よろしくお願いします」と意気込みを述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF高木友也

(たかぎ・ゆうや)

■生年月日

1998年5月23日(21歳)

■出身地

神奈川県横浜市

■身長/体重

176cm/71kg

■経歴

バディーJY-法政二高-法政大

■選抜歴

全日本大学選抜(2020年3月、2018年8月)

関東A(18年7月)