J2の開幕節、ジェフ千葉戦に出場した小野伸二。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 FC琉球に所属する小野伸二が3月20日、自身のインスタグラムを更新し、初心者向けにリフティングの方法を教える動画を投稿した。

「未来のちびっ子達に夢を 僕なりのリフティングの始め方講座」とコメントし、ハッシュタグに「リフティング」、「子供」、「夢」、「未来」と添えて投稿された動画では、「リフティングがどうしたら上手くなるかという質問も来ていたので、僕なりに教えたいと思います」とサッカーを遣っている子どもたちに向けて呼び掛けた。

 小野はまず、「僕的にはリフティングは感覚が大事。しっかりボールの芯を捉え、まっすぐ上に上げないと続かない」と解説。「1回1回できるように、まずは感覚を」と1度ボールを上げたらワンバウンドさせ、それを続ける練習を提案する。ワンバウンドで続けられるようになったら、リフティングの回数を2回、3回と続けられる回数を増やしていく。

「まずは、出来るようになるまでこの1回を何度も繰り返す。それがすごく大事かなと思います」と最後はリプレイと見紛うように、同じ場所でピタリとリフティングを繰り返してみせた。
 
 この投稿を見たファンは感動し、以下のようなコメントが寄せられた。

「なるほど!わかりやすい」
「ハードルが低くて、やってみたくなる」
「体からサッカー好きが溢れてる」
「素敵やー!」
「リフティング出来ないお父さん的にもありがたい」
「あと30年はやく、教えてくれてたら〜」
「伸二先生サイコー」

 また、現在新型コロナウイルスの影響で、学校が休校中の子を持つ親からは、「先週から子供と一緒にわたし母もリフティングの練習中。なんというタイミングでこの投稿」と感謝の声も上がっている。

 どんなテクニシャンでもまずは基礎から。小野伸二の天才的な感覚もこうして培われてきたのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部