チームメイトとのサッカーテニスの模様を投稿した槙野。写真:徳原隆元

写真拡大

 浦和レッズの槙野智章が3月20日、自身のインスタグラムを更新。チームメイトとのサッカーテニス大会の模様を投稿し、話題を呼んでいる。

 新型コロナウイルスの脅威によって、Jリーグ公式戦は依然として中断を強いられ、多くのクラブが非公開練習を続けている。浦和も同様に、非公開でのトレーニングが続くなか、槙野はリラックスムードの中で行なわれたチームメイトとのサッカーテニス大会の動画を3本公開した。

 最初の動画では、「槙野、興梠、宇賀神チーム 関根、汰木、岩武チーム レフリー 橋岡、阿部 ヤジ 岩波、鈴木、武富、伊藤 絶対に負けられない闘い」と綴り、周囲のヤジも相まって白熱のラリーが展開された様子が収められている。最終的には関根のヘディングを返せず、若手チームにポイント。ファンからも「めっちゃおもろい」「爆笑〜おもしろいです」「プロ〜!!!」「セッターがすごい」などとメッセージが寄せられた。

 2本目の動画では、「若手チームにボレーを叩き込まれる…」と綴られた通り、汰木の右足ボレーが興梠を直撃。槙野もやられたとばかりに膝に手を突く様子が……。さらに3本目に公開された動画では、疑惑のシーンに両軍がヒートアップ。「真ん中の仕切りに当たったら相手に得点。当たってないとアピール」と綴った槙野本人が、ラリーの途中に仕切りに足が当たったようで、若手チームからの指摘を受けると、審判の橋岡は当たったとジャッジ。槙野が猛抗議するという一幕が収められていた。

 この一部始終を見たファンからは「槙野選手何事にも熱くてかっこいい!」「右で見ている選手との温度差」「VAR発動!」などとメッセージが寄せられた。

 4月3日に再開を予定されているJリーグだが、今後の状況次第ではさらなる延期も否定できない。そんななかでも、明るさを失わず前向きに取り組んでいる様子が垣間見える投稿となった。

【浦和PHOTO】「サッカーテニス」で大盛り上がり!貴重な爆笑ショット&童心に帰るキュートな選手たち!

構成●サッカーダイジェストWeb編集部