G'テレビ会談後の会見。ちなみに、G7の共同声明には五輪に関する記述なし(政府インターネットTVより)

写真拡大

 コロナウイルスへの対応に追われている(はずの)安倍首相。14日には国民に向けた会見、16日はG7初の電話による会談を行い、国内外で首相の言葉が報道されている。

◆安倍首相は「国民を愛していない」

 しかし、国内主要メディアや官邸などの公式SNSで伝えられる勇ましい姿とは反対に、海外からの反応は冷ややかだ。

 まずは出席した記者からも怒りの声があがった14日の会見。のちに「西日本新聞」によって、“追加で”質問を受けつけたのが「アングル」であったことが暴露されているが、この会見についての海外メディアの反応を見てみよう。まずは米「CNN」。(参照:西日本新聞)

 “コロナウイルスによるパンデミックの真っ只中で競技が実行される可能性に対して懸念が増しているが、日本の安倍晋三首相は東京五輪が今夏行われると主張した”

 報道そのものもかなり懐疑的な論調だが、このツイートにぶら下がるコメントもまた皮肉に満ちている(日本人もしくは日本在住と思われるアカウントによる投稿は省く)。

 こんなGIFアニメを貼っているものから、

 辛辣なコメントまで、概ね批判的だ。
 「シンゾー・アベは国民を愛してない」
 「日本はたくさんメダルを獲れそうだな」

 また、“皮肉の本場”、英「BBC SPORT」の報道に対しても、ツッコミの嵐が巻き起こっている。

 他にも、下記のような反応がぶら下がっていた。
 「妖精も信じるし、サンタクロースも信じるし、イースターのウサギも信じるし、とうき……信じたいけどさ。マジで?」
 「狂気だ」
 「AKA(又の名を)もうめっちゃカネかけちゃった」
 「どの6月かは言ってないだろ?」
 「何で正直になれないんだ。今はとても何かを決められる状況じゃないだろ。馬鹿野郎!」

◆命と五輪、どちらが大事か

 同様に、16日に行われたG7電話会談の“成果”を報じた「TIME」や「REUTER」にも、五輪開催について否定的なコメントが殺到している。

 「オリンピックよりも人命が大事」
 「延期というか中止だろう」

 「開催は無理だ。もちろん中止になるだろう。というか中止しなきゃ!」
 「間違った判断だ」
 「オリンピックを延期しないという日本の指導者の判断はパンデミックの猛威がこの2か月で低下するという希望に基づくものだろう。悪い判断ではないかもしれないが、この判断を撤回するべきだ。何故なら人の命でギャンブルをするのは愚かなことだから」

 正直、日本国内でも東京五輪が予定通り行われると思っている人は少ないのではないかと思うが、国際的な世論もまさしく同意見だ。

◆より懸念が深まる検査数不足

 東京五輪開催への意気込みばかりが伝えられるなか、コロナウイルス感染阻止への具体的な対策はいまいち伝わってこない。「BLOOMBERG」はこうした政府の姿勢を各国と比較しながら、次のように報道している。(参照:BLOOMBERG)

 “一方、日本は検査数の不足で批判を呼んでいる。これは隔離されずにウイルスをより広範囲に広げている、未検出の感染者数の予測を上げることにつながっている”

 検査数を抑えることで上部の数字を取り繕っても、国際的にはかえって実際に感染している人数の予測が上昇しているというわけだ。

 各国とも国境閉鎖など歴史上類を見ない厳格な対策を講じているコロナウイルス。これまで数字をアンダーコントロールしながら好景気などを演出してきた安倍政権だが、今回ばかりはそうしたパフォーマンスも通用しないだろう。

◆海外との温度差に戸惑う在日外国人

 政府の対応や東京五輪に関しては、在日外国人からも悲観的な声が聞こえるが、母国との温度差に戸惑ってしまうのも無理はない。都内で飲食店を営むアメリカ人の男性は次のように語る。