3月22日、阪神競馬場でG矯綽逝臂淌機兵3000m)が行なわれる。

 このレースは、5月3日に行なわれるG掬傾直沺春(京都/芝3200m)の前哨戦的レース。過去15年の勝ち馬のうち、2018年のレインボーライン、2015年のゴールドシップ、2008年のアドマイヤジュピタ、2006年のディープインパクトの4頭が、続く天皇賞・春も勝利している。

 天皇賞・春を見据える上で重要なレースだが、今年の出走馬のなかで筆者が最も期待するのは、ユーキャンスマイル(牡5歳/栗東・友道康夫厩舎)だ。


前走のジャパンCで好走したユーキャンスマイル

 同馬は2018年のG亀堂崗沺糞都/芝3000m)で3着に入って頭角を現し、昨年2月のG轡瀬ぅ筌皀鵐稗咫陛豕/芝3400m)で重賞初制覇。同年9月にはG型軍禝念(新潟/芝2000m)で重賞2勝目を挙げた。

 さらに昨秋のG祇鐇では、G掬傾直沺秋(東京/芝2000m)でアーモンドアイから0秒6差の4着、G汽献礇僖鵤叩陛豕/芝2400m)ではスワーヴリチャードから0秒7差の5着と、トップクラスのなかに入っても差のない競馬を続けている。充実の5歳を迎えた今年は、G祇覇を狙う重要な1年になる。

 ユーキャンスマイルは芝3000m以上で4戦し、1勝、2着1回、3着1回、5着1回という成績。3000mでは菊花賞3着のほか、OP万葉S(京都/芝3000m)でのハナ差2着がある。

 武器は鋭い差し脚だ。33秒9を出した菊花賞を含めた7つのレースで、メンバー中最速の上がり3ハロン(約600m)のタイムを出している。かつての長距離戦はスタミナがモノを言うケースが多かったが、最近は瞬発力で決まるケースも多くなっているため、この武器は心強い。

 血統を見てみよう。父キングカメハメハは、あまりステイヤーを出さないタイプではあるものの、菊花賞ではユーキャンスマイルのほか、2010年にローズキングダムが2着、2016年にエアスピネルが3着。ユーキャンスマイルが勝ったダイヤモンドSでは、2012年にケイアイドウソジンも勝利しているように、長距離でも実績を残している。

 母ムードインディゴはG敬榁飜毒錬咫陛豕/芝1800m)を勝ち、G欺華賞(京都/芝2000m)で2着に入った活躍馬。さらに注目したいのが、その父ダンスインザダークで、2009年スリーロールス、2004年デルタブルース、2003年ザッツザプレンティと、3頭の菊花賞馬を出した名ステイヤー種牡馬だ。

 母の父としても、ユーキャンスマイルのほか、G競好謄ぅ筺璽今咫蔽羯魁深3600m)など長距離重賞4勝のアルバート(父アドマイヤドン)、天皇賞・秋などG毅仮,離薀屮蝓璽妊ぁ壁礇ングカメハメハ)などを出している。ユーキャンスマイルの長距離適性は、おそらくこのダンスインザダークから受け継がれたのだろう。

 そのほか、2017年の菊花賞馬で、メンバーのなかで唯一のG鞠呂任△襯セキはもちろん軽視できないが、血統的にはディープインパクト産駒のボスジラ(牡4歳/美浦・国枝栄厩舎)に注目したい。

昨夏の1勝クラス(札幌/芝2600m)、12月のグッドラックH(中山/芝2500m)、今年2月の早春S(東京/芝2400m)と3連勝中。重賞初出走となるが、全兄ポポカテペトルは2017年の菊花賞3着馬で、全妹ミヤマザクラは今年のG轡イーンCを勝った桜花賞候補。距離実績があり、旬の血統ということでも見逃せない存在だ。 以上、今年の阪神大賞典は、ユーキャンスマイルを中心にキセキにも注意しつつ、ボスジラにも期待したい。