桜やいちごを使った“春スイーツ”がズラリ

写真拡大

東京では桜の開花宣言が発表され、本格的な春の訪れを感じる季節に。屋外でのお花見を控える人が多い今年、自宅にいながらお花見気分を楽しめる、見た目にも華やかな春色スイーツが小田急百貨店新宿店に勢ぞろいした。同店では3月31日(火)まで「春のフードフェスティバル」を開催中。期間中は、桜やいちごを使った、人気店こだわりの“春スイーツ”がバリエーション豊かに登場する。

【写真】世界的パティシエが手掛ける、春満載のロールケーキが期間限定で登場

■ お花見気分が高まる、香り高い桜スイーツが登場

芳醇な香りと味わいを堪能できる桜味のスイーツは、この時季だけのお楽しみ。世界的パティシエ・辻口博啓氏が手掛ける「自由が丘ロール屋」からは、桜あんや生クリーム、ルバーブのジャム、フレッシュないちごをスポンジで巻いた、「桜と苺のロールケーキ」(1本1920円、1カット480円・各税込)が登場。3月24日(火)までの期間限定販売なので、気になる人は早めにゲットしよう。

そのほか、甘酸っぱいチェリージャムやヨーグルトクリームに、桜風味のクリームを重ねた「コロンバン」の「桜のモンブラン」(1個540円・税込)や、淡い桜色のもちであんを包み、塩漬けの桜を添えた「たねや」の「近江大福さくら」(1個226円・税込)など、老舗店の春限定スイーツもお見逃しなく。

■ ピンク色に染まったビジュアルがキュート!小田急限定スイーツ

人気店による小田急百貨店限定スイーツも多彩にラインナップ。チーズワッフル専門店「チーズと日々と」は、“チョコレート×チーズ”の意外なおいしさがたまらない季節限定ワッフル「桜チョコとクリームチーズワッフル」(1個350円・税込)を用意した。

「京橋 千疋屋」の「苺のタルト」(1個756円・税込※各日限定30個)や、「ヴィタメール」の「さくらと抹茶のマカロンセット」(6個入1166円・税込)など、見た目からも春を感じさせてくれるキュートなビジュアルは必見。

■ 春シーズンの手土産にピッタリ!花を使ったジャムやはちみつも

はちみつ専門店「ラベイユ」からは、東京都西部で育った桜や藤、菜の花などの春の花々から生まれた「春のはちみつセット」(2本入3456円・税込※限定25セット)が登場中。「エイチアンドエフ ベルクス」の「プレミアムルイボスティー(チェリー)」(899円・税込)や、「高級食パン専門店 嵜本」の「ジュエルジャム ルビーローズフランボワーズ」(680円)など、スイーツより日持ちするアイテムは、この時季の手土産におすすめだ。

旬の味をギュッと詰め込んだ“春スイーツ”と出会えるのは今だけ。「春のフードフードフェスティバル」へ足を運び、“おうちお花見”を充実させよう!(東京ウォーカー(全国版)・佐藤理沙子)