相模原、昨季限りで金沢退団の梅鉢貴秀を獲得「ベストを尽くします」

写真拡大

 SC相模原は19日、昨季限りでツエーゲン金沢と契約満了となっていたMF梅鉢貴秀を獲得したことを発表した。

 梅鉢は1992年生まれ、関西大第一高校出身の27歳。2011年に鹿島へ加入し、モンテディオ山形への期限付き移籍経て、2017年に金沢に移籍した。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで8試合に出場したが、契約満了により退団していた。

 梅鉢は昨季まで在籍していた金沢に対し、公式HPで以下のようにコメントした。

「この度SC相模原に移籍することになりました。格上相手に競り勝った喜びも、アウェイで惨敗した後の長距離移動の憂鬱さもはっきり覚えています。みんなと共に闘えたことを嬉しく思います。僕はここで楽しんだし、クラブのみんなが与えてくれたものに満足してます。ありがとうございました」

 そして加入する相模原の公式HPで以下のようにコメントしている。

「はじめまして、梅鉢貴秀です。この時期に獲得していただいたチームの目標達成に貢献する為にベストを尽くします。よろしくお願いします」