「こころして履修せよ!2020年代の基礎教養20」の写真・リンク付きの記事はこちら

現在、絶賛発売中の雑誌『WIRED』日本版VOL.36では、2020年代を“想像”し、“創造”するためのリテラシーとして、「FUTURES LITERACY」の名の下、厳選された「30の必須科目」を紹介している。

関連記事:「予期される未来」に抗うリテラシー:雑誌『WIRED』日本版VOL.36の発売に際して、編集長から読者の皆さんへ

『WIRED』日本版が必須科目と考える「量子的想像力」「科学の再魔術化」「ALife新世」「エネルギーの構想力」に続き目を通してほしいのが、「2020年代の基礎教養20」だ。

本企画では、『WIRED』日本版が全幅の信頼を置く20名に、「2020年代を生き抜くために必要なリテラシー」とは何か訊いた。「発酵メディア学」から「ときめき学」まで、複雑で多様な現代に求められるあらゆる基礎教養を紹介する。

さあ、受講申し込みを急げ!

*雑誌『WIRED』VOL.36「FUTURES LITERACY」では、各学問の概要を全文掲載している。以下は要約である。