NTTドコモは3月18日、第5世代移動通信方式(5G)に対応する22のソリューションを3月25日に受付を開始し、順次提供すると発表した。うち6ソリューションについてはパートナーとドコモの商材を組み合わせ、申し込みから請求までドコモがワンストップで提供する。今後は現在のパートナー数3300社超を2021年度末までに5000社まで広げていくと同時に、パートナーとの協創をさらに推進し、多様な分野におけるソリューションの拡大を目指す。

ドコモがワンストップで提供するソリューション

同社は、幅広いパートナーとともに新たな利用シーンの創出に向けた取り組みとして、2018年2月から「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を提供しており、これまでのパートナーとの協創を通じて300を超える5G活用モデルの実証に取り組んできた。

今回、5Gサービスの提供開始に合わせて、まずは産業の高度化、街づくり、働き方改革などの社会課題の解決につながるソリューションを中心に提供するとしている。

新たに受付開始するソリューションの一部は、ネットワークの伝送遅延の低減とセキュアなクラウド環境を提供する「ドコモオープンイノベーションクラウド」にも対応しており、低遅延かつ高セキュリティを実現するという。

5G対応ソリューションのうち、ドコモがワンストップで提供するのは製造機器一括分析ソリューション「FAAP」、遠隔作業支援ソリューション「AceReal for docomo」、遠隔共同制作ソリューション「Virtual Design Atelier」、顔認証入退管理ソリューション「EasyPass powered by SAFR」、点群データ活用ソリューション「Field Simulator」、高精細映像伝送ソリューション「Live EX 8KVR」の6種類。提供開始日は、Live EX 8KVRが3月25日、その他5種類は5月下旬以降を予定している。

パートナーと提供合意できているソリューション

パートナーと提供合意ができているソリューションは、短遅延映像配信クラウドサービス「Zao Cloud View」、超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」、「SMART FullHD」、「SMART MultiViewing」、「LiveU」、「ストリームウェイズ」、「8K ROI カメラシステム」、「4Kライブ映像伝送ソリューション」、「スマート街路灯」、「安全見守りくん」、「ARを用いた遠隔コミュニケーションシステム」、「PicoCELA マルチホップWi-Fi」、「newme」、「IVA EDGE AI SERVICE PLATFORM」、「Fairyview」、「Free View Point Tube」の16種類。提供は3月25日から順次開始する。