あかつき本社(8737)、期末配当の「増配」を発表し、 配当利回りは8.5%超に! 2020年3月期の配当額は 「1株あたり20円」で、前期比でも「2円」の増配!

写真拡大

 あかつき本社は、2020年3月期の期末配当を「増配」すると、2020年3月17日の16時に発表した。前回予想は「1株あたり9円」だったが、今回の修正により「1株あたり11円」と「2円」の増配となる。これにより、前期比でも「増配」となる見込み。

 あかつき本社は、2020年3月期の配当予想を、中間配当(9月・実施済み)が「9円」、期末配当(3月)の予想は「11円」、合計の年間配当額は「1株あたり20円」に修正すると発表した。

 期末配当の前回予想は「9円」だったので、前回予想より「2円」の増配となる。今回の増配発表により、あかつき本社の配当利回り(予想)は7.72%⇒8.58%にアップした。

 また、あかつき本社の2019年3月期の配当は「1株あたり18円」だったので、前期比でも「2円」の増配となる。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 あかつき本社は配当の支払いについて、「財務の安定と事業資金の確保に支障を来たさない限りにおいて、連結純資産配当率(DOE)で年間4%の水準を維持することに努める」としている。あかつき本社は2020年3月期の当期利益を2020年2月14日に上方修正しており、それを受けて今回の増配が決まった形だ。

 また、あかつき本社は今回の増配発表と同時に、総額2億円を上限とする自己株式の取得も発表している。これらの影響で、SBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、当日の終値233円より48円も高い281円(+20.6%)を記録している。明日以降の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介! 株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

あかつき本社の過去5期の配当の推移は?

■あかつき本社の年間配当額の推移
2016年3月期2017年3月期2018年3月期2019年3月期2020年3月期
配当額
(年)
15円8円20円18円20円
(予想)

 年間配当額の過去5年の推移を見ると分かるように、あかつき本社は連続増配株というわけではなく、むしろ減配している期もある。しかし、「子会社からの配当を主な原資とする単体業績をベース」としていた配当政策を、2019年3月期からは「連結純資産配当率(DOE)で年間4%の水準」に変更しており、今後は年間配当額の安定性が増す可能性も高そうだ。

あかつき本社の配当利回りは?

 あかつき本社の2020年3月17日時点の株価(終値)は233円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※あかつき本社の配当利回り】
株価:233円
年間配当額:中間9円+期末11円=20円
配当利回り=20円÷233円×100=8.58%

 あかつき本社の配当利回りは8.58%。2020年2月の東証1部の平均利回りは2.31%(配当実施企業のみ)なので、あかつき本社の配当利回りは「突出して高い」と言えるだろう。なお、あかつき本社は株主優待を実施していない。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 あかつき本社は、不動産関連事業および証券関連事業を手掛ける持株会社。不動産関連事業では中古マンションの再販が主力。2020年3月期(通期)の連結業績予想は、営業収益7.7%減、営業利益0.4%減、経常利益4.1%減、当期利益45.5%増となっている(すべて前期比)。
【※高配当株の関連記事はこちら!】
⇒株価急落で利回りが上昇している「高配当株」に注目!新型コロナや円高などの外部要因に影響されづらく、「予想配当利回りが5%以上」のおすすめ銘柄を紹介!

あかつき本社
業種コード市場年間配当額
証券業8737東証2部20円
株価(終値)単元株数最低投資金額配当利回り
233円100株2万3300円8.58%
【※あかつき本社の最新の株価・配当利回りはこちら!】
※株価などのデータは2020年3月17日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。