Jクラブの地域活動を表彰…『シャレン!アウォーズ』初開催決定、一般投票もスタート!

写真拡大

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は17日、Jクラブのホームタウン活動を表彰する『Jリーグシャレン!アウォーズ』を今年5月12日に初開催すると発表した。ファン・サポーターによる一般投票も実施。今月31日午後1時までの間、特設サイト上で優れた取り組みに一票を投じることができる。

 『シャレン!』とはJクラブが行う社会連携活動を総称したもの。地域の社会課題や共通テーマに対し、Jクラブが地域住民・企業・団体・自治体・学校などと連携し、取り組んでいく活動を示す。Jリーグはこうした社会貢献活動を通じ、地域社会のサステナビリティの確保、関係性の構築や学びの獲得、ステークホルダーの価値の再発見を目指している。

 表彰の対象はJクラブが2019年度に実施した取り組み。一般投票をはじめ、シャレン!メンバーの予備選考、有識者などの意見をもとに、優れた取り組みに対して「チェアマン特別賞」「ソーシャルチェレンジャー賞」「メディア賞」「パブリック賞」(いずれも仮称)などの賞が与えられる。

 一般投票は特設サイトで実施。全56クラブの『シャレン!』も紹介されている。