ソニーのプログラミング学習向けのロボットトイ「toio」、全国の小学校や民間スクールでプログラミング教材・カリキュラムを2020年4月より導入開始

写真拡大 (全3枚)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)のロボットトイ「toio」を使用した独自のプログラミング教材やカリキュラムが、日本国内において全国の小学校や民間スクール(塾・教室など)向けに2020年4月より導入が開始される。

これらの教材・カリキュラムは、今春から開始される小学校でのプログラミング教育必修化や、文理横断型の探索学習としてSTEAM教育が近年国内外で注目されていることを背景に、SIEの開発協力の下、内田洋行およびアフレルの両ビジネスパートナーと共に企画・開発された。

企業や学校・官公庁のICTシステムやオフィス・学校の環境構築によって顧客の「働き方変革」「学び方変革」を支援している内田洋行から全国の小学校向けに導入される教材・カリキュラムは、小学校の算数の授業で利用できる「toio」を活用したプログラミング教材。また、企業から学校・民間スクールまでの教育支援サービスを提供するアフレルから全国の民間スクール(塾・教室など)向けに導入される教材・カリキュラムは、「toio」を活用してアイデアを表現し、体験的にプログラミングを学ぶコンテンツとなる。

また「toio」公式ホームページ内に「toio×エデュケーション」ぺージを新たに開設した。本ページでは、「toio」をプログラミング教育およびSTEAM教育に活用する利点や、実際に「toio」を既に学校教材・カリキュラムとして市内一括導入している熊本県人吉市導入事例を動画レポートと共に紹介するなど、子供のプログラミング教育方法に悩んでいる家族から、学校や民間スクール関係者にも参考にできる情報を掲載しているとのこと。また、学校や民間スクール関係者から「toio」導入に関しての相談・問い合わせ窓口も同ページに設置した。

■toio×エデュケーション

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・新型コロナウイルスでライブ中止ならライブ配信で盛り上がれ!イープラスがアーティストらに向けたライブ配信サービスの提供を開始
・希少なトロリーバス最後の一台を残したい!長野県大町市が最後の「トロバス」保存に向けたクラウドファンディングを開始
・ドワンゴのN予備校がコロナウイルス感染拡大によるオンライン授業の無料開放に伴い特別生配信授業を実施
・対象はすべての人!コロナ感染拡大でバンタンがクリエイティブ分野のオンライン動画学習サービス「バンタンフリップチャンネル」をオンライン学習アプリ「N予備校」にて無料開放
・こんなところにもコロナの影響、観客のいない音楽会を生中継!ドワンゴが「niconico」でミューザ川崎シンフォニーホールと東京交響楽団による史上初の無観客コンサートを無料で生中継