「あなたの座右の銘を教えてください」……就職活動などで、こんな質問をされた経験はありませんか。自分の中に、大切にしている言葉がある人もいれば、特にこれといってない人もいるでしょう。

 

今回の記事では、スポーツ選手など著名人の「座右の銘」をご紹介します。また、一般の人に聞いたアンケート結果から、シチュエーション別におすすめの言葉もピックアップ!

 

記事を参考に、あなたも自分なりの「座右の銘」を考えてみませんか。

 

座右の銘とは?



 



 

「座右の銘」は「ざゆうのめい」と読みますが、具体的にどんな意味があるのでしょうか。

座右の銘は「座右」と「銘」という2つの言葉で成り立っています。それぞれを国語辞典で調べてみると、こんな意味が書かれていました。

 

【座右】:「自分の座る場所のかたわら」「身近」

【銘】:「しるす」「刻む」「金属や石碑などに名を刻む」

 

つまり、「座右の銘」とは「いつも自分のそばに置いておく、重要な言葉」を意味しています。仕事や恋愛など、人生で迷いが生じたとき、自分を律したり、励ましたりするための「心の標語」のようなものです。

 

「座右の銘」になる言葉は、個人の自由で決めるものなので、これといった形式がありません。歴史上の偉人の名言や四字熟語の場合もあれば、漫画のせりふや身近な人の言葉、好きな漢字などさまざまです。

 

20代の男性、20〜40代の女性にアンケートを実施し、「座右の銘としている言葉を知ったきっかけ」について聞いてみたところ、こんな結果になりました。

 

男性

1位:TV・本・雑誌・インターネットで読んで(44.1%)

2位:好きな著名人のインタビューを読んで(31.4%)

3位:知人に教えられて(19.6%)

3位:その他(19.6%)

(複数回答)

 

女性

1位:TV・本・雑誌・インターネットで読んで(31.9%)

2位:知人に教えられて(30.6%)

3位:その他(23.6%)

4位:好きな著名人のインタビューを読んで(13.9%)

(複数回答)

 

男女ともに多かった回答は「TV・本・雑誌・インターネットで読んで」。男性は「好きな著名人」の言葉を「座右の銘」にしている人も多いようですね。

 

確かに、その道の第一線で活躍する著名人の言葉は説得力があり、心に響くものがあるでしょう。

 

スポーツ選手・著名人の「座有の銘」



 



 

アスリートや芸能人、実業家などのインタビューでは、「座右の銘」についてよく聞かれています。

著名人たちがどんな言葉に励まされてきたのか、気になりますね。いくつか例をご紹介します!

 

【スポーツ選手】

イチロー選手:「継続は力なり」

子どもの頃から野球選手を目指し、毎日練習を欠かすことがなかったというイチロー選手。プロになっても初心を忘れず、常に万全の準備をして試合に臨んでいたそうです。日々の努力が強みになるという良い例ですね。

 

澤 穂希:「夢は見るものではなく、叶えるもの」

日本の女子サッカーのパイオニア的存在である澤穂希さんが、中学生のときから心に刻んでいたというのがこの言葉。夢を夢のままにせず、実現してきた人の力強い言葉に励まされます。

 

大坂なおみ:「やりたくねぇ事やってる暇はねぇ」

日本人で初めて、テニス四大大会「グランドスラム」でシングルス優勝を果たした大坂なおみさん。その「座右の銘」はなんと、ロックバンド・THE BLUE HEARTSの『ブルースをけとばせ』の歌詞の一節でした。

 

【芸能人】

明石家さんま:「生きてるだけで、丸もうけ」

日本を代表するお笑いタレント、明石家さんまさん。彼がこの言葉を「座右の銘」にする背景には、自身の不遇な幼少期や、飛行機事故を間一髪で逃れた過去などがあるといいます。この言葉は、娘IMALUさんの名前の由来にもなっており、さんまさんの娘への深い愛情を感じますね。

 

蒼井 優:「人間が想像できるもので、人間が実現できないものはない」

2019年にお笑いタレントの山里亮太さんと結婚をした女優・蒼井優さんの「座右の銘」とされる言葉。

もとは『海底二万マイル』などの作品で知られるフランス人SF作家・ジュール・ヴェルヌの名言です。「自分の頭で想像できることは、実現できる可能性を秘めている」……と考えるとワクワクしてきますね。

 

ROLAND:「人生一度」

ホスト界の帝王と呼ばれ、実業家としても活躍するROLANDさん。自信あふれるポジティブな発言はネット上でも大人気。自分に自信が持てないとき、「人生は一度きり、思いっきりやってみよう!」と元気をもらえそうです。

 

【著名人】

スティーブ・ジョブズ:「毎朝、今日が生きている最後の日と思って行動せよ」

アップル社創業者で、伝説的な起業家のスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学卒業式のスピーチで語った名言。「人の命は永遠でなく限りがあるもの」と気付くことで、毎日をより丁寧に生きようと思えるのかもしれませんね。

 

ココ・シャネル:「20歳の顔は自然の贈り物。30歳の顔はあなたの人生。50歳の顔はあなたの功績」

波乱万丈な人生を送ったフランスのファッションデザイナー、ココ・シャネルのひと言。

年を重ねると、その人の内面の魅力が顔に現れてくるといいます。おじいさん、おばあさんになったときに、自分の顔に自信を持てるような生き方をしたいものです。

 

さまざまな困難を乗り越え、功績を残してきた著名人の言葉には、人生を豊かに生きるヒントが詰まっていますね。ぜひ参考にしてみてください!

 

座右の銘はどんな時に支えになった?



 



 

アンケートで「座右の銘はどんな時に支えになったか」と聞いてみると、次のような結果になりました。

 

男性

1位:仕事で頑張りたい時(51.0%)

2位:自分を変えたいと思った時(45.1%)

3位:人生の分かれ道で(38.2%)

4位:元気が出ない時(36.3%)

5位:人間関係に悩んだ時(22.5%)

6位:まだ支えになったことはない(5.9%)

7位:その他(3.9%)

(複数回答)

 

女性

1位:まだ支えになったことはない(26.1%)

2位:仕事で頑張りたい時(17.9%)

3位:元気が出ない時(15.0%)

4位:人間関係に悩んだ時(14.0%)

5位:自分を変えたいと思った時(13.0%)

5位:人生の分かれ道で(13.0%)

6位:その他(1.0%)

(複数回答)

 

男女ともに回答の上位だったのが、「仕事で頑張りたい時」という項目でした。

そこでアンケートの回答から、仕事で頑張りたい人にぴったりの「座右の銘」を選んでみました!

 

仕事で頑張りたいあなたにおすすめの「座右の銘」



 



 

「水滴石を穿つ」(25歳/男性)

「すいてきいしをうがつ」と読むこちらのことわざ。

わずかな水滴でも、絶えず落ちると、固い石に穴を開けます。小さなことも継続することで、大きな結果になるという教えです。

 

「石の上にも三年」(22歳/男性)

冷たい石の上でも3年も座り続けていれば、温まってくるというたとえから、「諦めずに続ければ、成果が得られる」という意味のことわざです。

 

「失敗は成功のもと」(29歳/男性)

「なにかに失敗しても、反省して間違いを改善していくと、成功につながっていく」という意味です。失敗を恐れず、挑戦し続けることが大切ですね。

 

「努力は人を裏切らない」(26歳/女性)

目標に向かって努力をし続けることで、必ずその人の身になっているという教え。努力した人が必ず成功をつかむとは限りませんが、成功者に努力をしなかった人はいないでしょう。思うような結果にならなくても、「やるだけのことをやった」という気持ちは、次の目標に向かうエネルギーにもなります。

 

「人は考える葦である」(37歳/女性)

フランスの自然哲学者・パスカルの格言。「葦」とは「あし」と読む、水辺の植物です。折れやすくもろい「葦」のように、自然界における人間はか弱い存在ですが、柔軟性と思考力を持った賢明な存在でもあります。たとえ困難があっても、解決策を模索し続ける大切さを考えさせられる言葉です。

 

仕事をしていると、さまざまな困難に対応しなければならず、時には落ち込こともあるでしょう。そんなとき、これらの格言を思い出せば、モチベーションを高めてくれるかもしれません。

 

この他にもシチュエーション別に、それぞれおすすめの「座右の銘」をご紹介します!

 

自分を変えたいあなたにおすすめの「座右の銘」



 



 

「性格は変えられないけど、生き方は変えられる」(21歳/男性)

「三つ子の魂百まで」といった格言があるように、自分の性格を丸ごと変えるのは、なかなか難しいもの。

しかし、ちょっとした考え方の癖や、日々の行動を改善していくと、「なりたい自分像」に近づけるのかもしれません。

 

「敵は己の中にあり」(22歳/男性)

物事がうまくいかないとき、つい他人や環境のせいにしてしまいがちです。しかし本当は自分の中にこそ、うまくいかない要因があるのです。自分としっかり向き合う強さを持つことが大事ですね。

 

「行動しなければ始まらない」(27歳/女性)

宝くじは、まず買わないと当たりません。それと同じでどんな願いも目標に向けて一歩を踏み出さなければ、叶うことはないのです。失敗が恐くて行動できない……という人は、この言葉を覚えておくと良さそうですね。

 

「置かれた場所で咲きなさい」(29歳/女性)

ベストセラーとなった書籍『置かれた場所で咲きなさい』で知られる、キリスト教カトリックのシスターで作家の渡辺和子さんの言葉。

人生が思い通りにいかないとき、どう対処するかでその人の真価が問われています。人のせいにしたり、不平不満を言ったりしても何もプラスになりません。どんな状況でも自分の視点や考え方を変えれば、希望は見えてくるもの。前向きに行動することで、より豊かな人生を送ることができるといいます。

 

人生の岐路に立つあなたにおすすめの「座右の銘」



 



 

「意志あるところに道は開ける」(21歳/男性)

アメリカ合衆国第16代大統領、エイブラハム・リンカーンの名言。

「たとえ困難な道でも、やり遂げようとする強い想いがあれば、必ず道は開ける」という意味です。希望を感じる素敵な言葉ですね。

 

「今が最悪と言える間は最悪ではない」(23歳/男性)

愚痴を言えている間というのは、まだ取り返しがつく状態なのかもしれません。困難に立たされたとき、この言葉を思い出せば気持ちが奮い立ちそうですね。

 

「捲土重来」(29歳/男性)

「けんどちょうらい」または「けんどじゅうらい」と読みます。「一度敗れた者が、土けむりを巻きおこすほどの勢いで、巻き返しを図ること」を意味し、再挑戦や復活のたとえで使われています。一度失敗をしても、そこで諦めなければ再起できるという、励ましの言葉です。

 

「一期一会」(28歳/女性)

「いちごいちえ」と読み、一生に一度の機会を意味します。もとは茶道家・千利休の「出会う人は常に一度きりだと思って、丁寧にもてなそう」という考えから由来していて、「相手との出会いを大切にする」というたとえで使われています。出会った人を大切に想う心や、感謝の気持ちを忘れずにいたいものですね。

 

「人事を尽くして天命を待つ」(29歳/女性)

できる限りの努力を行った上で、その結果は天に任せるという意味です。どのような結果になろうと後悔のない心境になれるように、全力を尽くすことが大切でしょう。

 

いつも明るくいたいあなたにおすすめの「座右の銘」



 



 

「明日は明日の風が吹く」(27歳/男性)

「先のことを案じても始まらないので、成り行きに任せて生きよう」といった意味が込められた言葉です。

先の分からない未来を心配するのでなく、今を前向きに過ごすことを心掛けた方が、より明るく生きられそうですね。

 

「笑う門には福来たる」(30歳/女性)

本来、「いつも笑いが絶えない家庭に、幸福は訪れる」という意味のことわざですが、現在では一般的に「笑顔の絶えない人のところに、幸運はやって来る」といった意味で使われているようです。周囲を明るくすることで、自分も明るくいられるもの。形からでもいいので、まずは「笑顔」を意識しましょう。

 

「終わり良ければすべてよし」(32歳/女性)

イングランドの劇作家、ウィリアム・シェークスピアの戯曲のタイトルが語源となっている格言。

物事で一番大切なことは「結末」であり、発端や過程がまずくても、大した問題にならないという意味が込められています。つい細かいことを気にしがちな人に、おすすめしたい言葉です。

 

「死ぬこと以外はかすり傷」(24歳/女性)

長い人生、大きな失敗をして落ち込むこともあります。また、そんな失敗が恐くて挑戦ができないという人もいるでしょう。しかし生きていればまたチャンスは巡ってくるし、幸せを感じることもできるはずです。つらく悲しい気持ちが押し寄せたときは、この言葉が気分を軽くしてくれるでしょう。

 

自分を励ます「座右の銘」を見つけよう



 

いかがでしたか?

言葉には人を動かす不思議な力があります。心の琴線に触れた言葉を見つけたら、「座右の銘」として意識することで、人生がより素晴らしい方向へと導びかれていくかもしれませんね。

 

取材・文/おかゆ

 

【データ出典】

・ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2019/10/28〜2019/11/6

有効回答数:119人(女性)

 

・ご自身に関するアンケート

調査期間:2019/12/25〜2019/12/27

有効回答数:206人(男性)

(インターネットによる20代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

 

 

■関連記事
楽しいことってこんなにある!今すぐ、一人でもできることも♪
お金を上手に管理したい! すぐ始められるオススメ管理方法
カップルでお揃いにしたい♪ ペアグッズランキング