Cohesity Japanは3月16日、同日付で代表取締役社長に岩上純一氏が就任したと発表した。同氏のリーダーシップのもと、オンプレミス、クラウド、エッジでデータを簡単にバックアップ、保存、管理、取得できるようにするCohesity DataPlatformによるデータ管理ソフトウェアを提供し、これまで代表取締役社長を務めていた江尾浩昌氏は同日付で顧問に就任し、引き続きCohesity Japanの事業拡大を支援していく。

新たに代表取締役社長に就任した岩上純一氏

岩上氏は、テクノロジー業界で30年以上の経験を持ち、ビジネス課題の解決と業績向上のためにテクノロジーを活用するさまざまな顧客企業やパートナーと親密な関係を築いてきた。

Cohesity Japan入社前は、ネットアップ合同会社で約10年間、さまざまな要職を担い、直近では代表執行役員社長を務め、国内事業の全責任を担った。これまで培ってきた幅広いITインフラの経験と市場に関する知識を生かして、国内企業がデータからより多くの価値を引き出せるようにし、データの保護、安全、規制準拠を確実にすることを支援していく方針だ。